君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【妊娠6か月(23w)】止まらない食欲が恐ろしい

f:id:lily03:20161103222052j:plain

早いもので、妊娠6か月も最終週(23w)に入りました。最近の体の状態の変化について、備忘録がてら記事に残しておこうと思います。


食欲が止まらない

今の時期の悩みは、体重コントロールです。もー、ほんとに、お腹が空きます! 以前は小食だった私が、常に食べ物のことを考えています。こんなに食べ物に魅了されたことは初めて。食べ物に恋してます。

妊娠5か月のときは、つわりが終わったという開放感もあって、食欲の赴くまま何も考えずに食べていました。そうしたら一か月で3kg増えました。増えましたというか肥えました…。恐れていたとおり検診で体重増加を指摘され、それからは食欲と戦う日々です。

しばらくの間は体重計に乗るたびにため息をついていましたが、ある方法を試し始めてから体重計に乗るのが楽しくなりました。それは、「坂上忍の成長マン!」というテレビで紹介されていた「食べ順ダイエット」です。

食物繊維(野菜)→ たんぱく質(肉類)→ 炭水化物(ご飯、パン)の順に食べると血糖値が上がりにくくなり、脂質が吸収されにくくなるそうです。

この方法だと、食事で最初に箸をつけるのは野菜です。例えばとんかつ定食だったら、とんかつとご飯は後回しにして、付け合わせのキャベツだけを全部食べます(笑) 

本当は、とんかつとキャベツを一緒に食べるのがおいしいんですけどね〜。切ない。

キャベツがなくなったら、次にとんかつ(肉料理)を食べて、最後にご飯です。厳密に言うと、最後はご飯だけで食べないといけないのですが、白ご飯だけが残るのはつらいので、私はお肉を半分ぐらい食べたところでご飯を解禁しています。そして……できるだけこのスタイルにするようにしてから、右肩上がりの体重が止まりました! 嬉しい! 

この時期は一か月で+1kg未満に押さえないといけないのですが、余裕で守れそうです。体重測定どんとこい!という感じです〜。

テレビでこれを紹介していたアンジャッシュの渡部さんは、この方法にしたら一か月で2kg痩せたそうですよ。私の場合は2人分食べてるので、体重をキープできているだけでも大成功だと思っています。

とりあえずの打開策は見つかりましたが、出産まで体重計とにらめっこする日々は続きそうです。

しかし、この状態になってから逆によかったこともありました。料理をするのが楽しいんです! 自分がたくさん食べたいがゆえに、品数・量ともに夕食が豪華になりました(当家比)。夫が喜んでいます♪


お腹が出てきた

お腹がふっくらしてきました。真っすぐ立って、下を見ると、お腹が邪魔して足の指が見えません。かがむときもお腹が邪魔で、がにまたになってしまいます。

変な話ですが、胸は自分史上最大に大きくなりました。残念ながら、期間限定ですけどね…。そしてデコルテの部分は、青い静脈が怖ろしいくらい透けるようになりました。

初めて気付いたときは「ナニコレー!!」と叫んじゃいましたよ…。静脈の様子が、まるでメロンの網目というか、河川の流域図というか…。とにかく血管の線がきれいに見えます。手の甲のようです。弱点をさらけだしているみたいで、ぎょっとします。妊婦にはよくあることらしいですが、自分の体が短期間でここまで変わるというのは不思議です。

胎動は、はっきりと感じられるようになりました。赤ちゃんは20分〜30分おきに寝たり起きたりを繰り返しているそうです。胎動があるときは「今起きてるんだな〜」と幸せな気持ちになっています。照れを捨てて、たくさん話しかけるようにしています。

胎動、いつもはポコポコとかわいいのですが、たま〜に強いキックがあります。思わず、「うぐぅっ!」と声が出ます。「うぐぅっ!」なんて、格闘ものの登場人物しか言わないと思ってました。

事前に強いのが来ると分かっていれば覚悟もできるのですが、体内の出来事なので様子が見えません。普通に生活していてノーガードで強いキックをもらうため、衝撃もひとしおです。

6か月でこうだったら、妊娠後期になるとどうなっちゃうんだろう? ちょっと怖いですが、胎動で元気な様子が分かって嬉しくもあります。

* * *

出産は9月中旬なので、あと4か月を切りました。4か月しかないの?という気持ちと、まだあと4か月もあるんだ…という気持ちと、半々です。

先月は鶴岡八幡宮(鎌倉)で、安産祈願をしてもらいました。一番上に載せた画像は、夫の両親にもらった佐野厄除け大師(栃木県)のお守りです。いろんなパワーに守られながら暮らしています。心穏やかに、残りの4か月を過ごそうと思います!