君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

子乗せ電動自転車「ギュットミニDX」の使用レビュー

f:id:lily03:20160601205551j:plain

満足度:★★★★☆

息子が1歳になったのを機に、子乗せ電動自転車を買いました。買ったのはPanasonicさんのギュットminiDXです。

1歳なりたての子を前に乗せて二ヶ月間使ってみましたので、実際に使用した感想を書いていきたいと思います。

記事が長くなりましたが、ギュットミニDXの購入を検討されている方にはきっと参考になると思います〜。


おすすめのカラー

ギュットミニはカラーバリエーションが豊富で、8色あります。
私は一番無難なピュアマットブラックにしました。

f:id:lily03:20160601205558j:plain

サイクルショップの店長さん曰く、「黒はキズ隠しが簡単」なのだそうです。キズを隠す補修材も黒だと手に入りやすいからとのこと。確かに、「フレッシュグリーン」や「ハッピーピンク」はお手入れが大変そうです。個性的でいいんですけどね。

黒はやはり人気みたいで、かぶりがちです。でも夫が乗っても、成長した息子が乗っても、違和感がなさそうです。



前乗せチャイルドシート

乗せられる条件

私は1歳0ヶ月から乗せたかったので、前乗せタイプを購入しました。

DSC06780.jpg

ギュットミニDXの前乗せチャイルドシートに乗せられる子供には、以下の条件があります。

「年齢1歳(12ヶ月)以上、4歳(48ヶ月)未満、体重15kg以下で身長100cm以下」(説明書より)

義妹の子は2歳半で前に乗せられなくなったと言っていました。そうすると、前乗せチャイルドシートの使用期間ってすごく短いですよね。

もうちょっと待って後ろ乗せタイプを買うか悩みましたが……うちの子は成長曲線下限ぎりぎりなんで、3歳ぐらいまでは乗ってくれるんじゃないかと期待して、前乗せを購入しました。


子供を乗せた様子

1歳0カ月の子供を前に乗せるとこんな感じ。自転車に乗っているのは夫です。

f:id:lily03:20160604072354j:plain
Flannel toggle vest: baby GAP(80)
Leggings: OLD NAVY(12-18m)
Shoes: Asics



前にバーがあるので、つかまれます。息子はなぜか片手だけつかまるのが好きです。

f:id:lily03:20160604072529j:plain
Puffer Jacket: COMME CA ISM(80)
Pants: H&M(12-18m)


足を乗せるところ。

f:id:lily03:20160601205601j:plain
Coverall: Branshes(70)
Socks: COMME CA ISM
Shoes: Asics


息子の反応

サイクルショップで一回試乗したときは泣いてましたが、二回目からは泣かなくなりました。
(偶然撮れたのですが)ピースサインをするぐらい、気に入っています。

f:id:lily03:20160604072429j:plain

うちの子の場合、このシートの中で寝ることさえあります。ベビーカーで寝ることはめったにありませんが、車のチャイルドシートでは寝る子です。車の振動と似ているんでしょうか。

子供が寝ていると、ヘルメットのベルトが首に食い込まないか心配になって、何度も自転車を止めては生存を確かめています。できれば起きていてほしいところです〜。ま、それだけ居心地良く感じてくれているようです。


使いやすい、チャイルドシートのベルト

私がこの自転車を買う一番の決め手になったのが、チャイルドシートのベルト

(公式サイトより)
f:id:lily03:20160604072447j:plain


実際にベルトを留めるところのアップ。

f:id:lily03:20160601205554j:plain

シートに子供を乗せて、ベルトを両肩の上からカチッ!と挿しこむだけなんです。

ベビーカーの5点式のベルトって、留めづらくないですか? でもこれはほんとに数秒で留められます。
感動!! ベビーカーもこのタイプにしてほしい!!


電動アシスト機能

操作パネル

電動アシストに関しては、左手で操作します。

f:id:lily03:20160601205552j:plain

アシスト状態は、「パワー」「オートマチック」「ロング」の3種類。「パワー」が一番アシスト力が強く、「ロング」が弱い(その分バッテリーが長持ち)する形です。アシストと書かれた△▽マークを押すと、切り替わります。走行中でも、左手親指で簡単に切り替えできます。

残りのバッテリーは10%刻みでしか表示されませんが、20%を切ると、1%刻みになります。


電動自転車に乗るのは初めてでしたが、これ、いいですね〜! ほんとに滑り出しが快調です。なんか紐で引っ張られてる感じで、スイーッと行きます。もう普通の自転車には戻れない。

滑り出しが早い分、気をつける必要も出てきます。たとえばUターンの途中でぐいっとペダルを踏み込んでしまうと、Uターンできずに斜めに進んでしまいます。ハンドル&タイヤが向いている方向を常に意識しておく必要があります。

交差点の滑り出しなんかも気を付けたほうがいいと店長さんにいわれました。青になったと思いペダルを強く踏み込むと即スピードが出るので、前に人がいるとぶつかってしまいます。

慣れないうちは、交差点で信号待ちをしている間に、電動アシストを「ロング」にしておくといいと思います。慣れれば、ペダルを踏み込む力を調整できるようになるので大丈夫です。



ギアチェンジ

右ハンドルには、ギアチェンジが。

DSC06765_20151128165949e54.jpg

矢印で記したドット模様のところを右手で回すと、ギアが切り替わります。3が一番重たいです。私は急坂では2にしています。

パワーは申し分ないと思います。前を走る夫(普通の自転車)が坂道で立ち漕ぎになっても、私は座ったままで大丈夫でした。子供を乗せて重量が増しているはずなのに。


電動自転車で進めない道

自転車の電動アシスト機能については問題ないのですが、この自転車で進むのをあきらめた道がひとつあります。

それは、歩道橋です。

自動車専用道路にかかっている歩道橋で、真ん中に自転車用のスロープが付いているタイプです。周りを見渡しても横断歩道はなく、この道路を横切るには歩道橋を進むしかありません。

自転車を押してスロープを上らないといけないのですが、いかんせんこの自転車、33.3kgあります! しかも子供も荷物ものってます。この状態で自転車を押して急こう配のスロープを登るなんて、とてもじゃないけどできません!

普通の坂であれば楽々上れるのですが、歩道橋の自転車用スロープのように、押して上がることが前提の場所では対応が難しいと思います。うまく迂回路を探すしかなさそうです。



バッテリー

バッテリーがなくなったら、充電器だけ取り外して家に持って帰り、充電します。

f:id:lily03:20160604072859j:plain

だけどね、この充電器が重くて重くて! 約3kgあります。足の上に落としたら骨折しそうな勢いです。

駐輪場に自転車を停めたあと、子供を抱えて、荷物を持って、さらにこの充電器を持つと大変なことになります。充電器の持ち手、ちっちゃいし。

その状態でマンションのオートロックをあけ、エレベーターに乗り、部屋のカギを開け…。おーまいがー。

バッテリーが長持ちするので、そんなに頻繁に充電しなくていいのが救いです。私は1カ月に一回充電すればいいペースです。
(自転車には、一週間に往復10分2回、往復40分1回ぐらい乗ります)


20型のサイズ感

ギュットmini DXのタイヤは20型です。太くて安定感があります。

f:id:lily03:20160601205559j:plain


20型ってどんな感じ?と思われる方のために、他の自転車と比べてみたいと思います。

比較対象はうちの夫のスポーツタイプの自転車(ビアンキ)です。

比べてみると…。

f:id:lily03:20160601205600j:plain

大人と子供のようです〜。



夫の自転車は子供が生まれる前に買ったものです。そっちにはカゴがついていません。

家族で公園にピクニックに行くときには、私の自転車に子供も荷物も乗ることになります。夫はゆうゆうとスポーツタイプに乗り、私は子供と家族全員の荷物を抱えて、えっちらおっちら自転車を漕ぎます。母は大変じゃー。電動なのが唯一の救いです。


その他の各パーツ

ペダル

ペダルも普通の自転車より大きめな気がします。

f:id:lily03:20160601205602j:plain

ペダルを空振りして、足にあたると非常に痛いですっ



自転車用のカゴ

後ろにチャイルドシートを付けたときのために、前にも乗せ替えできるタイプのカゴをつけました。何も言わなかったら、Panasonicじゃなくてブリジストンのカゴがついてました。

ま、いっか!

f:id:lily03:20160604073121j:plain

カゴには、私の大きなマザーズバッグが余裕で入ります。


スタンド

ギュットミニDXには、「スタンドを立てると自動的にハンドルがロックされる機能」がついています。

f:id:lily03:20160601205557j:plain

上の写真のスタンドを立てると、ハンドル&前乗せチャイルドシートが固定されます。左右に動かないので、子供を乗せおろしするときに楽です。

間違えてロックをかけたままハンドルを右に動かしたことがありますが、ギリッ!と、歯車を回したような音が出て、ハンドルが少し右に動きました。どんな力をかけても絶対に動かないというわけではなさそうです。


Panasonicさんのギュットmini DXだと自動ロックですが、ブリジストンさんの「アンジェリーノ」の場合は、手元で操作してハンドルロックします。
どちらがいいかは、一概に言えません。手元で操作できるタイプだと好きなタイミングでロックできるので、スタンドを立てる前からロックすることもできます。そのかわりひと手間増えます。

サイクルショップで試乗して、自分にあったタイプを見つけるほうが良さそうです。駐輪場で停めたあとハンドルの向きを微調整したり、スタンドを立てる前からロックしたい方にはブリジストンさんの方がいいかもしれません。

面倒くさがりさんには自動タイプ、おすすめです。急いでいるときも、さーっと自転車を停めてスタンド立てて、子供をすぐに下ろせます。


筋肉痛

片道30分自転車に乗った後、両腕に筋肉痛が出ました。よく調べたら自転車に乗っているときの姿勢が原因でした。子供を前に乗せているからと緊張して、両腕をぴんと張った状態でハンドルを握っていたんですね。


肩の力を抜くように心がけたら、次に乗ったときは右腕だけに筋肉痛が出ました。なんで右腕だけなんだろうと考えたら、一つ思い当たることが。

自転車を駐輪するときって、みなさんどんな風にしてますか?

大体の人が、「自転車を停める → 自分が降りる → 右腕でサドルを持って車体を持ち上げ、真っ直ぐにする」という順番なのじゃないでしょうか。

私も同じようにやってたら、自転車の車体が重い分、筋肉痛になってしまったようです。できるだけ車体を持ちあげずに済むように、駐輪するときは車のように切り返しをしつつやることにしたら、筋肉痛は出なくなりました。

ちなみに、サドルを持ちあげる際は気をつけないといけないのが、手を入れる場所です。

f:id:lily03:20160604073257j:plain

サイクルショップの店長さんから聞きました。サドルが傷むから、必ず下を持つようにとのことです。


まとめ

2ヶ月間使用してみて、特に不満はありません。
ギュットmini DXでとくにおすすめな点は3つ。

(1)シートベルトが留めやすい
(2)スタンドを立てると自動ロックされる
(3)デザインがかわいい

だいたい、ギュットmini DXとブリジストンさんのアンジェリーノを比較検討される方が多いんじゃないかと思います。

(1)はアンジェリーノよりもギュットmini DXの方が断然留めやすいです。5点式シートベルトのほうが安心される方はアンジェリーノの方がいいかも。
(2)はアンジェリーノだと手元でロック機能があります。こちらは自分の好きなタイプを選んだほうがいいと思います。
(3)は、完全に自分の好みになりますね。


自転車を買うと世界が広がります。広くて大きな公園にも気軽に行けるようになるし、いつも車で混む道だってスイスイ。図書館で借りた絵本も、カゴに入れれば重さを感じません。

素敵な子乗せ自転車ライフを!