読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【1歳9ヶ月】トイレトレーニングを来年やることにした理由

f:id:lily03:20160707135435j:plain

息子は9月生まれなので、現在1歳9ヶ月。この夏トイトレをするか悩みましたが、今回はやめることにしました。来年の3月に2歳半になるので、それから考えようと思っています。

私は当初、この夏のトイトレに乗り気でした。育児雑誌には「夏はおむつはずれの始め時」とあります。こどもチャレンジでもトイレトレーニング用のおもちゃが届きました。みんなこの夏にやるものだと思っていました。

でもいろいろ調べていくうちに、焦ることはないかと思い始めました。なぜそう思ったのか、参考にしたものを3つ挙げたいと思います。


ジーナ・フォード氏のトイトレ本

トイトレの予習として買った本です。

著者のジーナさんの名前は、ねんねトレーニングをやろうと思った方ならご存じだと思います。イギリスのカリスマ・ナニーです。私はねんトレ結局挫折しちゃいましたが、スケジュールはすごく役に立ちました。彼女がトイトレの本も出していると知り、買って読んでみました。

この本に、どんな子がトイトレに進めるかを書いたチェック項目があります。全部できていない場合は、準備編に進まないほうがいいと書かれています。

  1. 月齢が18ヶ月以上である。
  2. 長いお昼寝から目を覚ましたときに、おむつがぬれていない場合が多い。最後に替えてから数時間たってもおむつが濡れていないのは、膀胱が発達してきていることを意味する。
  3. ウンチとおしっこの違いがわかっている。例えばウンチをしているときには静かになって集中して力んでいる。またおしっこやウンチをしたときに、おむつを指して「おしっこ」「ウンチ」と言う。
  4. 簡単な指示を理解し、その通りにすることができる。例えば、「赤いボールを取ってきて」、「おもちゃを箱に入れて」など。
  5. 着替えのときに、靴や靴下、パンツなどを自分でも積極的に脱ごうとする。また、パンツを上げる、下げるという言葉を理解している。
  6. 「おへそはどこかな」、「お鼻はどこかな」など、体の特定の部分を指定すると、その場所を指で示すことができる。
  7. おもちゃや本、DVDなどがあれば、5分から10分はきちんと座ってなにかに集中することができる。

(『カリスマナニーが教える一週間でおむつにさよなら! トイレトレーニング講座』14~15pから引用)

みなさんの場合はどうだったでしょうか。息子の場合、(2)と(3)と(5)が微妙です。

ジーナさんが言うトイトレの定義とはこうです。

トイレトレは、(1)トイレが必要なタイミングを理解し、(2)トイレに行ってパンツを下ろして用を足し、(3)その後パンツを上げて手を洗ってタオルで拭く、までの一連の作業を子供がひとりでできるようになって初めて成功と言えます。(同書11pから引用)

1歳9ヶ月のうちの息子の場合は、残念ながらまだ準備が整っていないように思います。


何歳のときにおむつが外れたか、というデータ

みんな何歳のときにトイトレが完了したのか知りたくて、データを探しました。

データで見る「トイレトレーニング事情」|輝くママ|ハッピー・ノート.com

これを見ると、「2歳から開始した場合は6ヵ月程度で終了する場合がもっとも多く、2歳6ヵ月から開始した場合は、1ヵ月以内で終了する場合が最も多い」ということが分かります。

こういうデータを見ると、後から始めたほうが楽に済みそうな感じがします。

ただし上記のページには、トイトレは個人差が大きく、データに振り回されてはいけないという注意書きもあります。


友人のアドバイス

先輩ママである友人にトイトレのことを教えてもらおうとすると、「まだ2歳になってないんでしょ? 焦らなくていいよ」と言われたのには驚きました。

友人A
・2歳の夏に始めたけれどお漏らししてばかりでイライラして、いったんお休みした。3歳の誕生日が過ぎてからやったら、一週間でおむつが取れた。

友人B
・2歳になる年の夏にトイトレを始めたらうまくいかなくてイライラして、いったん止めてしまった。3歳になる年の4月から幼稚園のプレに行かせたら、みんなが行っている様子を見て、自分からトイレに行きたがるようになった。プレに行かせるとすぐに取れるよ。


どちらの友人も、早めにトイトレを始めたけどうまくいかずにイライラしてやめたそうです。で、成長してからリトライしたらすぐ完了したとのこと。

彼女たちからは「ママも子供もストレスを感じなくて済むから、ある程度成長してからのほうがいい」と言われました。

うまくいかないと、絶対私もストレスを感じてしまいそうです。ただでさえイヤイヤに手を焼いているのに、トイレのことも常に気にしないといけないとしたら、家の床で干からびてしまいそう。息子も、まだ準備が整っていないことについていろいろ言われるのは辛いだろうと思います。

我が家の場合は、もう少し後にするのがいいのかなと思い始めました。それで、今年の夏は思い切ってトイトレしないことにしました。


来年にトイトレを延ばす際のメリット・デメリット

メリット

・短期間で終わるだろうから、トイトレにかける労力が少なくてすむ(願望)
・イライラせずに済む
・今年はトイレのことを気にせず、自由にお出かけできる

デメリット

・おむつ代がかかる
・焦る

デメリットとして一番大きいのは、「焦る」ことじゃないかと思います。友人が始めたと聞くと置いて行かれるような気がしませんか? 母親としてしなければいけないことをさぼっているような気にもなります。この焦りを自分の中で上手に解決できるようなら、来年に延ばすという手もありますよっ

* * *

……こんなふうに書きましたが、我が家の場合は来年やることにしたというだけで、どの家庭にもおすすめするわけではありません。子供の月齢だって違いますしね。

うちはおむつなしの生活はまだ先になりそうです。子供と親の準備が整って、いざトイトレを始めることにしたときには、トイレが楽しくなるような工夫をしながら頑張ろうと思っています!