読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

遠方の両親と子供の写真・動画を共有するなら、Googleフォトがおすすめ

f:id:lily03:20160709153747j:plain

満足度:★★★★★(5.0)

私の親は大分県、夫の親は埼玉県に住んでいます。遠いのでなかなか孫に会わせてあげられません。そこでGoogleフォトという無料サービスを使って、息子の写真や動画を親に見せています。

www.google.com

今日は、このGoogleフォトの良さについて語りたいと思います~。


Googleフォトとは

Googleフォトとは、無料・容量無制限(高画質モードの場合)で使える、オンラインストレージサービスです。googleが作っているものなので、安心感もあります。

Googleフォトには「共有アルバム」という機能があり、私はこれを使って親と写真を共有しています。

共有アルバムの見た目は、こんな感じです。

【PC版】
f:id:lily03:20160709150309j:plain:w350

「2016年4月~」というのは私が付けたタイトルで、自由に変えられます。アルバムは何個も作れるので、一定の期間ごとに新しいアルバムに分けています。

写真や動画は、自動的に日付順に並べ替えてくれます。古い写真が上、新しい写真が下に来ます。動画には三角の再生マークが付きます。


【スマホ版】
f:id:lily03:20160709150306j:plain:w300

スマホでも同様にきれいにレイアウトしてくれます。専用アプリもあります。


共有アルバムの使い方

・まずは、Googleフォトのサービスに登録します。
 ※サービスを開始するとき、同期をオンにするかどうか尋ねられます。オンにした場合は、(今後撮影するものも含めて)すべての写真や動画が自動的にGoogleフォトにアップされます。目当ての写真が探しづらくなるので、私はオフにしています。

・同期をオフにしている場合は、端末から残したい写真を選んでアップロードします。PCからでもスマホからでもできます。

・「アルバム」を新規作成し、アルバムに入れたい写真を選びます。

・アルバムが作成できたら、共有ボタンを押します。そうするとそのアルバムへのURLが作成されるので、それをコピーして、親へのLINEに貼り付ければOK。

・親はそのリンクをクリックするだけで、該当のアルバムにアクセスできます。簡単です♪


このサービスのいいところ

無料&容量無制限

撮った写真や動画を圧縮して保存する「高画質モード」ならば、容量無制限で使えます! しかも無料

ただし、自動でサイズが圧縮されるので、オリジナルよりも画質が劣化します。

写真についてはPCで見てもあまり劣化を感じません。ただし動画をPCで見ると、けっこう見づらくなります。スマホで動画を見る場合は、全く気にならないレベルです。


デジタル音痴である親に、余計な登録作業をさせなくて良い

親がgoogleフォトに登録する必要はありません。自分がLINEなどでURLのリンクを送って、それをクリックするだけで見てもらえる仕組みです。ブックマークしておいてもらえれば、何度もアクセスが可能です。

(こういうのに詳しい親なら、共有アルバムにgoogleのアカウントでログインしてもらうことで、アルバムが更新されたときに通知が届くようになります)


親に写真やブルーレイを送らなくてもよい

オンラインで大量の写真・動画データのやり取りができるので、写真を印刷して送ったり、動画をブルーレイに焼いて送ったりという作業が不要になります。(それはそれでさみしい?)


何か不測の事態が起こったときのバックアップにもなる

オンラインストレージサービスなので、たとえば写真データの入ったPCが壊れたり、被災してしまったときなども、写真や動画は無事です。


親の反応

このサービス、親にも好評です。LINEやメールに細々と写真を添付するより、一つのページでまとめて見られた方が、あとで見返すときにも便利だそうです。

「この写真よく撮れてるね」とか、「こんなこともできるようになったの?」と感想をもらえます。写真や動画で成長ぶりを伝えることができて嬉しいです。

f:id:lily03:20160709154231j:plain

たまにうちの母からは「○○くんの靴が変わったね」というコメントをもらうときもあります。母の言う通り、サイズアップで新しい靴にしたんだけど……そんなところまで見てたの?! と驚きます。孫かわいさに、繰り返し写真を見てるみたいです。


紙の成長アルバムを作るには根気がいるけど、オンラインなら簡単です。息子が成長したら、一緒に見て楽しむつもりです。