読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

0~2歳児におすすめの英語絵本、"Spot the Dog" シリーズ

1歳 英語

f:id:lily03:20160808160208j:plain

最近我が家の本棚に、英語の絵本が仲間入りしました。Eric Hill氏の "Spot the Dog" シリーズです。

この絵本、息子がとても気に入っていて、毎日読んでと持ってきます。子供が飽きない工夫がされていて、親から見てもとても良い本です。どんな点がおすすめなのか、詳しく書いていきたいと思います。


このシリーズを0~2歳児におすすめする理由

・ボードブックで丈夫、小さい手でもめくりやすい
・文章が短い(1ページに1~2文)
・ちょうどいいページ数(表紙・裏表紙除いて22p、見開きで数えると11)
・絵がほのぼのしていてかわいい
・Amazonで比較的安く買える(1冊900円前後)
・それぞれのページにめくるしかけがあり、子供があきない

ボードブックなので丈夫ですし、文章量やページ数が0~2歳児にちょうどいいです。英語の絵本は手に入りづらいですが、こちらのシリーズはAmazonで買えます。

中でも、それぞれのページにめくるしかけがあるのが一番のおすすめポイントです。息子も、一生懸命めくっては喜んでいます。

何度も読んでいるから、もう何が出てくるか知っているはずなのに、毎回楽しそうです。楽しく英語に触れてくれるのなら、それが一番いいですよね。

ただし仕掛けをめくる部分の強度が弱いので、0歳~1歳前半だとすぐに破ってしまうかもしれません。


ちなみに本のサイズはこんな感じです。

f:id:lily03:20160808160203j:plain


2冊の内容

私が買った2冊 "Where's Spot?" と "Spot Goes to the Park" について、もう少し詳しく説明します。

Where's Spot?

2冊のうち "Where's Spot?"の方が易しいので、まずはこちらをおすすめします。

これは子犬のSpotを探して、母犬がいろいろな場所を探す話です。

Spotを探す場所は、ドアの後ろやベッドの下などいろいろです。例えば私が "Is he behind the door?" と読むと、息子がドアのしかけをめくります。(…というのが理想で、現実は私が読んでる途中でもおかまいなしにめくります) めくったしかけの下には別の動物がいて、"No" と言う流れです。

以下、"Is he 場所~?" "No" というやり取りの繰り返しで、テンポよく進みます。ドアの後ろだとbehind the door、ベッドの下だとunder the bed、大時計の中だとinside the clockなので、場所を表す前置詞の理解にも役立つと思います。

子供は毎回私が大げさに言うNoooo~! が気に入ったみたいで、この本を読んでと持ってくるとき Noooo~ と言います。Noの意味も認識してくれてるのだとといいなあ。


で、実際どんな中身なのか気になるところだと思います。ブログで紹介できないので、代わりに試し読みできるサイトを紹介します。

www.ehonnavi.net

Spotシリーズは、コロちゃんシリーズとして日本語版が出ています。絵本ナビさんで日本語版の試し読みができます。どんなしかけなのか確認できますよ。
(「全文ためしよみ」は会員登録必要、「ちょっとためしよみ」は会員登録不要です)


Spot Goes to the Park

Spotと母犬のSally、カバのHelenがみんなで公園に行くお話です。ブランコをしたりボールで遊んだりする絵なので、小さい子でも状況が理解しやすいと思います。ハトを追いかけているシーンもあります。あるある~!

見開きで1~2文というスタイルは変わりません。ただし、こちらの本の方が文法的にはちょっと難しいです。この一冊にこれだけの文法が入っています。

・Let's ~の文
・天候を表すit
・命令文
・否定の命令文
・What
・Where
・Who
・How
・3単元のs
・現在進行形
・過去形
・感嘆文

これでもかというくらいの重要な文法事項が入っています。こんなに短いお話なのにてんこもり。よく練られているなーと思います。息子が音読できるようになるまで長く付き合っていきたい本です。

でも日本語の絵本を読むときは、文法がどうだこうだと考えずに与えていますよね。重要なのは本人が気に入ってくれるかどうかです。ということで、今の段階ではそこまで気負わずに読んでいます。


こちらも絵本ナビさんで日本語版の試し読みができます。

www.ehonnavi.net


まとめ

楽しく英語に触れてもらうのに、絵本はいいツールだと思います。息子が気に入る英語絵本に出合えてよかったです。

お子さんが気に入るかどうかご心配でしたら、日本語のコロちゃんシリーズで反応を見てみてもいいかも。日本語版も英語版も、めくるしかけが好きなお子さんだったら、きっと楽しめると思います。

Spotシリーズにはたくさんの本が出ていて、上級者向けの文章量が多いもの、めくるしかけがないものもあります。購入時にはご注意くださいね。

今回紹介した本はこちら: