読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

メルカリでサイズアウトしたベビー服が売れた♪

f:id:lily03:20160529211613j:plain

子供が大きくなるに従って、サイズアウトした服や使わなくなったおもちゃが増えていきます。

それらを整理しようと思い、先日OFF HOUSEにおもちゃを持っていったら、評価額は雀の涙でした。。。

main.lilyblog.net

そこで一念発起して、自分でオークションに出品することにしました。利用したのは、フリマアプリ「メルカリ」さんです。こちらにサイズアウトしたベビー服を出品したら、無事、売れました!

どんな感じで取引が進むのか、実例がてら書いてみたいと思います〜。


取引の流れ

はじめての出品

初めて出品したのは、某ブランドのカバーオールでした。

綺麗に見えるように工夫して写真を撮って、商品説明文を丁寧に書きました。人気のあるブランドだし、着用回数も少なくて美品だし、デザインもかわいいカバーオールだったため、1,200円と強気の値段をつけてみました。

待つこと数時間…。

スマホにメルカリから通知が!

「発送をお願いします。下記の商品を△△さんが購入しました」という内容でした。

初めて出品した商品、無事、売れました!!

数時間で結果が出るとは思わなかったので、とても嬉しかったです。


はじめての発送

カバーオールは100gを超えていたので、定型外郵便で発送すると200円以上かかります。そのため、クリックポスト(全国一律164円)を利用しました。日本郵便がやっている、メール便みたいなサービスのことです。

メルカリの雰囲気として、送料込みでないと売れづらいです。私も送料込みで出品しました。

発送したらクリックポストの荷物番号を購入者の方に伝えました。購入者から「商品を受け取りました」という通知が来たら、売上金が入ってくる仕組みです。無事に届いたようで安心しました。


下の写真は、私が梱包に使っているグッズです。

f:id:lily03:20160529211614j:plain

重さを量るにはキッチンスケールが大活躍。洋服は100均のビニールバッグに入れ、おもちゃはプチプチでくるみ、かわいいマスキングテープで留めています。小さいカードにお礼を書き、商品と一緒に封筒に入れています。


はじめての売上

1,200円で売れたカバーオール。でもメルカリだと、10%が事務局の手数料になります。1,200円の10%、つまり120円の手数料がかかるので、売上金として計上されるのは1,080円です。

ヤフオクだと落札されたら個人の口座に入りますが、メルカリの場合は売上金という扱いになります。自分の口座に振込してもらうには、手数料が210円かかります。ただし一万円以上だと手数料はかかりません。

一万円まで貯めるには、けっこう時間がかかりそうです。。。でもこの売上金、他の方が出品している商品の購入に使うこともできます。なので私は購入に使っています。サイズアウトした服を売ったお金で、息子に新しい服を買ってあげています。


最終的な利潤がいくらになったかと言うと……

値段1,200円 - 手数料120円 - 送料164円 = 916円

手数料や送料を考えた値付けをしないといけないのが、難しいところです。でも、リサイクルショップに売るよりはかなりの高値になったと思います!


メルカリでの出来事

いくつか出品していると、イレギュラーなことも起こります。

値下げをお願いされた

メルカリだと値下げをお願いされることもあります。(応じるかどうかは自由)

某ブランドのカバーオールを2枚、別々に出品していたところ、「2枚セットで買うから○○円まで値下げしてもらえないか」というコメントが来ました。4日間売れ残っていたものなので、そのコメントに応じて値下げしました。

セットで購入してもらえると送料も浮くし、梱包の手間も減ります。出品する方としてはすごく助かります。


取り置きをお願いされた

人気の高い商品を出品したら、出品して3分後にコメントが届いてびっくりしました。挨拶文も何もなく、「取り置きできますか?」という一文だけでした。

メルカリでは取り置きを勧めていません。最初に購入した人と取引する仕組みです。でも、出品者の中には取り置きの要求に応じている人もいます。どうしよう……と返信の文章を考えていたら、またメルカリから通知が。

何と、別の人に売れました!! 

出品してわずか6分の出来事でした。


夫の反応

商品が売れたら嬉しくて、夫に報告しています。

私「また売れたよ〜!」
夫「今度は何が売れたの」
私「○○というブランドの帽子」
夫「いくらで?」
私「300円」
夫「はあ? 300円?! それで利益はいくらになんの」
私「手数料と送料引いたら130円」
夫「130円のために荷造りしたりすんの?」
私「そう♪」
夫「よくやるね…」
私「そんなこと言わないでよー」


そのあと夫は、「130円なんて、俺がちょこーっと働いたらすぐにチャリンチャリンって入ってくるよ」と、憎たらしいのか頼もしいのかよくわからない言葉を言っていました。

それでも私は今後も出品がんばります。不用品をお金に換えられるというのもあるけど、それだけじゃないんですよねー。出品の楽しさって。自分でお店を経営しているような気分です。この楽しさを味わってみたい方はぜひチャレンジしてみてください!