読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

初めてのお絵かき、ラミネーターを使って保存しよう

ベビーグッズのレビュー 満足度:★★★☆☆(3.0)

f:id:lily03:20160601205622j:plain

満足度:★★★☆☆

子供がお絵かきしたもの、どんなふうに保存されていますか?

私は最初、スケッチブックごと保存しようかと考えていました。でもそうすると、今後すごい量になってきます。ちょこちょこ写真に撮るという手もありますが、せっかくの作品を現物で残したいという気持ちもあります。

そこで、思い入れのあるものについては、ラミネートして保存することにしました。


私が買ったラミネーター

アスカさんのラミネーター(A3サイズ)と、それに合わせたラミネートフィルムを用意しました。

  


ラミネーターのサイズ感はこんな感じ。

f:id:lily03:20160604075422j:plain


子供の作品をラミネートしてみよう

ラミネートするのは、お絵かきを始めたころの作品にしました。

当時1歳3ヶ月の息子。一生懸命何か描いてます。

f:id:lily03:20160604075454j:plain

お絵かきと言っても、まだ手を左右に動かすことしかできません。
私は「ワイパー」と呼んでます。

芸術性は皆無の作品ですが、親にとっては宝物。
あとでわかるように、日付と月齢を私が余白に書き込んでおきました


描いたものをこんなふうにフィルムにはさんで、ラミネーターに通します。

f:id:lily03:20160604075523j:plain


ブブブブブ……。
フィルムが機械に吸い込まれていき……



できました!!

f:id:lily03:20160601205623j:plain

おお〜!!

これならあと20年くらいは綺麗に保存できそうです。


上の写真は、ラミネートしたあとハサミでいらない部分を切ってあります。厚さ100μmのフィルムであれば、簡単に切れます。



同様に、手形&足形を使った作品もラミネートしておきました。

main.lilyblog.net

f:id:lily03:20160601205624j:plain

手形って、実物大で残してこそ意味が出てきます。ラミネートしておけば、長期に保存できそうです。

でも上のほう、ちょっとラミネートに失敗してよれちゃいました。上部のフィルムの余白がなさすぎたのが原因です。


上手にラミネートするにはやっぱりコツがあります。適度な余白が必要なようです。

f:id:lily03:20160604075632j:plain
(説明書より)


そして実は、「クレヨン画は絶対にラミネートしてはいけない」と説明書に載っているんです。熱で変色・変質するからだそうです。

でもチャレンジしてみたら、ちゃんとできました。素人目には、熱で変色したようには見えません。一度自分で描いたものをラミネートして様子を見てから、子供の作品にチャレンジしたほうがいいかも。
(ラミネーターの会社がおすすめしていない使い方なので、自己責任になっちゃいますが…)

お絵かきしたものを節目節目で何枚か保存しておくと、あとで成長がわかって楽しそうです〜。


我が家がお絵かきに使っているグッズに関する記事はこちら:

main.lilyblog.net

main.lilyblog.net