読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

木琴、ドラム、ピアノ。楽器のアプリで子供と遊んでみた

おもちゃのレビュー 満足度:★★★★☆(4.0)

f:id:lily03:20160601205437j:plain

満足度:★★★★☆

先日ららぽーと海老名のAsoMIXに行ったら、息子が楽しそうに木琴で遊んでいました。一生懸命叩いて音を出していました。

その姿を見ると買ってあげたくなったのですが、木琴も高いものだと一万円くらいします。どうしようか、さすがに手作りもできないしな……と考えていたところ、いい考えがひらめきました。

「そうだ、アプリで遊べばいいんじゃない?!」
早速無料アプリを探して、ダウンロードしてみました。


木琴アプリで遊んでみた

ダウンロードしてみたのは、Gismart さんの「リアル 木琴 無料」というアプリです。すごい名前(笑)

f:id:lily03:20160601205436j:plain

上がiPad mini、下がiphone5Sです。


子供(一歳5ヶ月)にやらせてみました。

f:id:lily03:20160601205431j:plain

楽しそう!!! 食いついてくれました。



両方の人差し指を使って、音を鳴らしています。

f:id:lily03:20160601205439j:plain



夢中です。

f:id:lily03:20160601205438j:plain

アプリだと、本体で音量を調整できるのもいいですね。集合住宅でも迷惑をかけずに済みます。



ただ、アプリならではの問題も出てきました。息子には、触っていいところとダメなところの区別がついてないからです。

下の写真は、ホームボタンを押しているところ。

f:id:lily03:20160601205432j:plain

ホームボタンを押すと、アプリ閉じちゃいますよね。。。

広告もクリックするし、アプリのMENUボタン(設定画面に切り替わる)も押すし、やりたい放題です。

操作を間違って木琴が画面から消えるたびに、「たたたたた!!!」と言って画面を戻せと要求してきます。そのたびに、私が画面を操作する必要が出てきます。

結論:一人遊びには向かない



本物の木琴は、広告リンクもMENUボタンもなくていいなあ。

f:id:lily03:20160603151719j:plain


ピアノアプリで遊んでみた

それでも懲りない私は、次にピアノアプリをダウンロードしてみました。

「18つの楽器&楽譜と一緒に引ける!ピアノ+」アプリです。これもすごい名前。

f:id:lily03:20160601205433j:plain

息子にさせると、木琴アプリの二の舞で、ホームボタンや設定ボタンを押しちゃいます。

でもピアノの場合は、親が弾いて一緒に歌って楽しむことができるので、親子の時間を楽しむにはもってこいです。本物のピアノは防音を気にしないといけないけど、これは音量調節ができますしね。


ピアノが得意な方には不要な情報ですが、一緒に歌える手遊び歌の音階を書いておきます。

あたまかたひざぽんソソラソファ ミファソ レミファ ミファソ
ソソラソファ ミファソ レソソ ミド

大型バスドドドドソラ ドミド シシドレ ドドミソ
レレレミファ ラ  ドドドレミ ソ
レレレミファ ラ  ドドドレミ ソ
ラドミラ ソソミ ソソソ ド

大きなたいこミミミドド ソソ ミミミドド ソソソ
ラソソミミ ソミミレレ
ソソ ドドド


ピアノ初心者で音階が分からない場合は、設定ボタンから音階ラベルをオンにしてみてください。

f:id:lily03:20160601205434j:plain



ピアノに音階が出るので弾きやすくなります。

f:id:lily03:20160601205435j:plain


ドラムアプリで遊んでみた

面白くなってきた私は、次にドラムアプリをダウンロードしてみました。Real Drumというアプリです。

f:id:lily03:20160601205429j:plain

これはねー、私の方がはまりました!!!

奥さま方!! ぜひやってみてください!!

ドラムを叩くと、なんか心の底からおかしくなってきて、思わず笑ってしまいます。好きな曲を流しながら叩くとより楽しめます。


コップに入れた牛乳をドボドボ床にこぼされ……一生懸命作ったごはんを吐き出され……靴をリビングまで持ってこられてラグに土が付き…スーパーではいろんなものを触ろうとして目当ての棚になかなかたどり着けず……寝かしつけに一時間かかり…

そんなときは!
ドラムを叩いてストレスかいしょー!!

イヤイヤ期に突入したらもっとお世話になるかもしれません。。。


* * *


自分の小さいころと比べると、すごい時代になりました。この子は、生まれたときから携帯やタブレットに囲まれて育っているんですもんね。
今後も上手に付き合っていきたいところです。

f:id:lily03:20160601205430j:plain