読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【電車とバスの博物館】乗り物好きな子供におすすめ。入館料200円で満足度大〈川崎市宮前区〉

f:id:lily03:20160601205307j:plain

満足度:★★★★★

息子は、1歳5ヶ月から急に電車に興味を示し始めました。お散歩していても、電車を見つけると「でんしゃ! でんしゃ!」と教えてくれます。

そんな息子を連れて、神奈川県川崎市にある「電車とバスの博物館」に行ってきました。

今までいろんなところに息子を連れて行きましたが、一番興奮していました! 笑顔がいっぱい見られて、私も幸せな気持ちになりました。乗り物好きな子供におすすめです♪


電車とバスの博物館の概要

東急田園都市線の宮崎台駅に直結しており、雨にぬれずに行けます。
2016年2月にリニューアルオープンしたばかりです。

f:id:lily03:20160601205259j:plain



館内はベビーカー不可です。入口にベビーカー置き場があります。

f:id:lily03:20160602222143j:plain

ベビーカー不可ルールは厳格です。館内でベビーカーを使っている人がいるとスタッフの人が注意していました。入口で寝ていたら起こして連れていくしかありませんので、お昼寝の時間を外した方が良さそうです。



入館券は交通系ICカードで買えます。

f:id:lily03:20160601205309j:plain

おとな(高校生以上)200円、3歳〜中学生は100円です。

埼玉県の鉄道博物館は大人1,000円ですから、すごく良心的です! もちろん、埼玉のと比べると規模は小さいですが…。


息子の心をわしづかみ、ジオラマコーナー

息子が一番気に入っていたのがここ。3Fにある、ジオラマコーナーです。

f:id:lily03:20160601205312j:plain

いつもは私が離れると追いかけてくるのに、今日はジオラマのそばから離れません。



電車が通るたびに、指をさして歓声をあげます。

f:id:lily03:20160601205308j:plain

これだけ喜んでくれたら電車さんも嬉しかろう。。。



東急の博物館なので、東急電鉄の車両が走っています。

f:id:lily03:20160601205311j:plain


「もう帰るよ、別のコーナーに行こう」と言うと、悲壮な顔つきで指を一本立てました。これは息子が「もう一回」と言いたいときのジェスチャーです。

いつもは絵本やDVDが終わったときに使っていますが、場所の意味でも使われるとは思いませんでした。まだ帰りたくない、ここにいたいという気持ちを、本人なりに表わしているんでしょうね。



f:id:lily03:20160601205303j:plain

結局、30分ぐらいここから離れませんでした。私はすっかり飽きてしまって、お疲れモード。ジオラマの近くに椅子がほしいわ〜、と思うアラフォーです。



休憩場所もあり

休憩に向かったのが、1Fにある玉電車両

f:id:lily03:20160601205310j:plain

ここでは飲食ができます。子連れだと何かと助かりますよね。



電車の中でおやつのバナナを食べました。

f:id:lily03:20160601205300j:plain



ここは「電車とバスの博物館」なので、バスの展示もあります。

f:id:lily03:20160601205304j:plain

何と運転席が開放されていて、順番に運転ごっこができるんです!

運転席の後ろにたくさん待っていたので今回はやめましたが、次はトライしてみたいな。幼稚園ぐらいの子が「発車しま〜す」とか「つぎ、とまります」と言いながら運転していて、かわいかったです。



息子にはまだ電車とバスの区別がついていません。バスの模型を指して「でんしゃ!」と言っていました。

f:id:lily03:20160601205302j:plain

今はまだこんな状態ですが、そのうちバスにも詳しくなるかも? 「これはとうきゅうのバス」「これは神奈中(かなちゅう)のバス」と社名まで言い始めるかもしれません。


別館、キッズワールド

「電車とバスの博物館」にはキッズワールドという別館があります。歩いて1〜2分。同じ入場券で入れます。雨の日はちょっと移動が大変です。

入口はこんな感じ。

f:id:lily03:20160601205305j:plain

記念撮影用のボードあり。息子、こっちを向いてくれませんでした(笑)



上の写真で右にある電車の中に入れます。

f:id:lily03:20160602222505j:plain
Jacket: D.fesense(90)
Leggings: Burberry(80)
Shoes: Tortoise

レトロでいい感じです。雨の日の平日15時半だと、けっこう空いていました。



こちらはプラレールのジオラマ。

f:id:lily03:20160601205316j:plain

やっぱり張り付いてました。




f:id:lily03:20160601205315j:plain

こんなふうに見るだけでなく、実際にプラレールで遊ぶことができるスペースもあります。

(公式サイトより)
靴を脱いでプラレールで遊ぼう!グループごとに区画されたエリアで自由にプラレールで遊ぶことができます。(お遊び用のプラレールをご用意しています。お客さまご自身のプラレールの持ち込みはできません)30分ごとの入れ替え制となります。(混雑時には抽選となることがございます) 
私が行ったときはもう閉館まで予約がいっぱいでした。子連れの場合は午前中にキッズワールドから先に来て、整理券を取った方が良さそうです。



ということで、今回は見るだけ〜。

f:id:lily03:20160601205306j:plain

これだけいい反応を示すと、買ってあげたくなりますね〜。どうしよう。。。


キッズワールドのほうにも、飲食可能なスペースがありました。こちらにはテーブルがありますので、子供連れだとキッズワールドのほうが飲食しやすいと思います。(ただし5卓ぐらいしかありません)


キッズシミュレーターをやってみた

キッズシミュレーターは空いていたので、息子にも運転させてみました! 追加料金はかからず、無料でできます。

f:id:lily03:20160601205314j:plain

途中で「レバーを引こう!」とか指示が出てくるので一緒にひいてあげます。力が足りないと駅を通りすぎるとか、ホームからちょっとはみ出ちゃうとか、そんなことはありません。電車でGO! と比べてゆるいです。


f:id:lily03:20160601205313j:plain

真剣!

事前に家のPCでオリジナルデザインの電車を作り、それを運転することもできるようです。詳しくはこちら


* * *


一歳5ヶ月の子を連れて、滞在時間は1時間半ほどでした。息子が楽しそうにはしゃいでいたので、私も笑顔になりました。動物園や水族館よりも電車の方が好きみたいです。

ジオラマでは集中して電車を観察していました。帰ろうと言っても離れなかったのは困りましたが、それくらい夢中になれるものを見つけたことは嬉しいです♪

また連れて行ってあげよう!


電車とバスの博物館へのアクセス

(訪問当時の情報です)
入館料高校生以上200円
3歳から100円
営業時間10:00〜16:30
木曜・年末年始休館
交通アクセス東急田園都市線 宮崎台駅直結
※宮崎台駅には各駅しかとまりません
詳細は公式サイト参照
個人的満足度5.0
(+)駅からのアクセス抜群
(+)乗り物好きの子のパラダイス
(+)入館料もお得
(−)ベビーカー不可
f:id:lily03:20160601205317j:plain:w300
小さめのコインロッカーもありました。