読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

幼児教室を終えて

f:id:lily03:20160531155738j:plain

前回の記事でお話ししたように、母子分離タイプの幼児教室(9:30〜13:30)に行ってきました。大事な初日なのに、外は本降りの雨でした。。。

雨の日の通園の失敗談と、母親と離れたときの息子の様子について書いていきたいと思います。


雨の日の通園

朝はすごく大変でした。。。

・自転車のレインカバーを買っていないため、徒歩+電車で行くことに
・抱っこひもに入れると嫌がって泣くようになったので、歩かせるしかない
・3COINSで買ったレインポンチョを着せたら、嫌がって大泣き。レインポンチョをあきらめる
・子供用の傘を持たせたら、傘を開いたまま地面にひっくり返した。そして「J」の形になった傘の布地の部分を踏んで遊び始めた。傘をあきらめる
・息子に長靴を履かせたら、大きすぎて抱っこしたらすっぽ抜けた。長靴をあきらめる

玄関先であーでもない、こーでもないとバタバタ。結局息子と一つの傘に入って駅まで向かうことになりました。。。

私は荷物を肩にかけ、片手は息子と手をつなぎ、片手は息子側に傘をさすという状態です。傘からはみ出た私の肩はびしょぬれです。そんな状態で「抱っこ〜♪」とかわいく言われても無理ですっ


早く自転車のレインカバーを買わなければ!


でも目をつけている自転車のレインカバーが、手に入らないんです。先週再販されたのに、ちょっと出遅れたらすぐに売り切れてました。幼稚園に入園する人たちが殺到していると思われます。2年後の幼稚園準備は絶対に早めにしようと思います。。。


息子、涙の別れ

何とか幼児教室到着。ぴったり時間になるまでドアが開かないので入口で待っていると、落ちつかない様子でぐずりはじめる息子。入口で一緒になったママ友と「何か感じてるのかも」という話になりました。

時間になってドアが開き、保育士さんたちが近づいてくると、大音量で泣き始める息子。ママ友の娘ちゃんは、泣き叫ぶ息子にびっくりしているように見えました。ごめんね。。。

保育士さんが「ここは任せてください、お預かりしますから」と言ってくれたので、「バイバイ! ごはん食べたらお迎えに来るからね」と言ってさっと教室を出ました。ここでママが動揺したらいけないと、ネットで予習したときに書いてました。


ママ友は先生と話していたので、息子が見えないところに隠れて、彼女が出てくるのを待ちました。あとで聞いたら、ママ友が教室から出ようとしたときに、息子も一緒になって出ようとしたそうです。

息子に見つからないように遠くに離れて、傘の隙間からそーっと覗いてみると、息子はガラスのドアにへばりついて泣いていました。両手のひらをぴったりガラスにくっつけて、泣きじゃくっていました。

そういう様子を見ちゃうと、心穏やかではいられません。
大丈夫かな。。。ちゃんと楽しめるかなあ。。。

もしかしたら「お迎えにきてください」と電話がかかってくるかもしれないと思い、一時間ほど近くのコメダで待機することにしました。


* * *


コメダでモーニングを注文。ひさしぶりに、時間に追われずゆっくり食事を楽しむことができました。でも息子のことが気になるので、「保育園 泣く」で検索しながら食べました。

一時間ほど待機していましたが、電話はかかってきませんでした。お店を出て息子の様子を見に行くことに。

保育士さんの努力を無にしてしまうので、息子に見つかるわけにはいきません。遠くから、傘に隠れて見てみました。

まずはドア付近をチェックしましたが、もうドアにぴったりくっついてはいませんでした! おやつの時間だったようで、きちんと席についていました。後ろ向きだったので表情は見えませんでしたが、息子なりに頑張っているのだと思い、じーんとしました。

それから13:30のお迎えの時間まで、電話がかかってくることはありませんでした。


お迎え

いよいよお迎えの時間です。息子は私を見つけて、顔がくしゃくしゃになりました。私をみつけた安心感と、自分と離れたことに対して拗ねている気持ち、そして思う存分私に甘えたい気持ち、いろんな感情が一度に出てきていました。この表情はこれまで見たことがありませんでした。

保育士さんに息子の様子を聞いてみると…

・4時間ずっと泣いてばかりではなく、途中は楽しめていた
・音楽の時間はリズムを取っていたし、絵本もじっと見ていたし、いろいろ分かっている様子だった
・お弁当は完食した
・お友達がおむつを換えるとき、いっしょになってはしゃいでいた
・ごはんを食べたら眠くなってぐずり始めた
・初日はこんな感じだったので、すぐ慣れると思う

お弁当を完食したというのが一番驚きでした。

夫が食事を食べさせようとすると、夫からスプーンを奪って私に差し出してくる子です。それなのに、初めて会う先生が差し出したスプーンを嫌がらなかったとは! しかもお弁当を完食! 食欲がちゃんとあるのであれば、今後も大丈夫だと思いました。

お友達とも一緒になってはしゃいでいたようです。私がいるときはあまり私のそばから離れない子ですが、私と離れることで、ほかに目が向いたのかもしれません。

何だかいい方向にいきそうで、ちょっと安心しています。

同じように時間を過ごすなら、私と家で電車のDVDを見るより、この教室でお友達といろんなことをして楽しむ方が息子のためになると思っています。息子が喜んで通うようになってくれたら言うことなしです。

でも油断は禁物ですよね。2回目のほうが、「ここに来たら預けられる」と分かっている分、抵抗が強くなるかもしれません。保育園と違って週一回なので、慣れるまでにはもう少しかかりそうです。

また2回目が終わったら記事を書きます。