読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

低身長について病院に相談に行った結果

f:id:lily03:20170406221350j:plain

このブログで何度か触れていますが、息子は身長が低く、成長曲線から外れています。2歳6ヶ月になったとき、自宅で測った身長は82.3cmでした。

この数値は「-2.3SD」で、Phizer株式会社のサイトでは「成長障害の疑いがあります」と出ました。

f:id:lily03:20170313032219j:plain:w400

ずっと気になっていたので、小児科で低身長について相談してきました。引っ越したので、初めて行く小児科です。これまでの経緯を説明して、現在の身長体重を測り、調べてもらいました。



結果は……



「この子なりに伸びているから様子見で大丈夫」

でした。


成長曲線から外れていても、息子のようにグラフが右上がりであれば、様子見で大丈夫だそうです。


f:id:lily03:20170313030152p:plain:w300



先生からは、

「-2.5SD」になった際、もしくは成長が止まった際に、詳しい検査をします。それから、成長ホルモン治療を行うか考えます。

と言われました。

これからも、定期的に身長・体重を計測しておいてくださいとのことです。


身長を記録していく際に気を付けたいこと

で、今後身長を記録する際に、気を付けてほしいことを先生から言われました。

それは「信頼できるところで身長を測って、さらに、計測場所が分かるように記録しておいてほしい」ということ。

私はこれまで母子手帳に身長・体重を記録してきました。でも、「それを完全に信頼していいのかわからない」と先生に言われました。

病院で測ったものなのか、自宅計測なのかで、データの正確さが変わってくるからだそうです。誤差のあるデータでは、きちんと診断をすることができません。

そこでこれからは……

・保健センターなどで測ってもらう
・母子手帳に記録する際に、その身長をどこで測ったのか書いておき、信頼できるデータであると先生が分かるようにしておく

この点に注意して記録するつもりです。

息子と同様に低身長にお悩みの方は、同じように記録しておくと、いざ相談というときに分かりやすくなると思います。


まとめ

息子のように成長曲線から外れていても、-2.5SDまで行っておらず、成長が止まっているわけでもなければ、様子見で大丈夫ということが分かりました。

「信頼できる場所で測る」「計測場所も合わせて記録する」ことに注意しながら、定期的に身長の伸びを見ていきたいと思います。