君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【2歳10ヶ月】かんしゃく起こしてお漏らし事件

f:id:lily03:20170803233452j:plain

息子のかんしゃくは、一時期に比べると落ち着きましたが、全くなくなったわけではありません。特に、眠いとき・疲れているときに爆発しやすい傾向にあります。

その日は、プール帰りでした。いつものように息子を自転車に乗せて、家に帰る途中でした。

プール→自宅間は、いつも決まった道を通っています。でもその日は、途中の信号が赤だったからという理由で、少し違う道を通って帰りました。そうしたらチャイルドシートの息子が烈火のごとく怒り始めました。

「戻って! 道が違うよ!」

私は息子をなだめながら、「この道でも家に帰れるよ、大丈夫だよ」と言って、自転車を漕ぎ続けました。でも息子はますます怒りを爆発させるばかり。

「戻ってー!! ギャー!! ママー!!!」

周囲の注目を浴びながら、何とか家までたどり着きました。ふう…。
 


マンションの駐輪場で息子を下ろそうとしたら、ものすごい抵抗にあいました。

「やだっ戻ってっママっ戻ってっわあー!!!」

嗚咽しながら大きな声で叫び続ける息子。チャイルドシートのベルトを外しても自分でつけるし、無理やり下ろそうとしてもダメ。息子はチャイルドシートから頑として動こうとしません。

次に駐輪場にやってきた人の迷惑にならないよう、私は端まで自転車を動かし、そこで説得を試みました。

でもこういうときって、何を言ってもダメなんですよね。プール帰りで疲れていたところに、いつもと違うことをやってしまうと、もう手がつけられなくなっちゃいました。

駐輪場でギャーギャー泣く息子をなだめること、15分。息子が「うっうっトイレ行きたい」と言いました。これはチャンスだと思って、「じゃあおうちでトイレ行こうよ、ね」と言って抱き上げようとしたら、またすごい抵抗に遭いました。

それから必死でなだめること、5分。駐輪場についてから20分が経過したころです。

自転車の下のアスファルトに、灰色の点のような染みができました。屋内の駐輪場なのに、一瞬、雨を疑いました。思わず天をふりあおいで、また視線を息子に戻すと、私の自転車の下にだけ、数秒間ひどい雨が降りました。

!!!

そこで気づきました。息子がチャイルドシートの中でおもらしをしたことに。


息子はまだ、前乗せのチャイルドシートに乗っています。自転車のシートって、雨の中でも使用できるように、水はけがよくできているんですね。息子の下だけ、アスファルトの色が灰色から黒っぽい色に変わっていました。

息子は、家の中でも外でも、パンツでおもらししたのは初めてです。相当ショックだったみたいで、パニックのようになりました。私が抱き上げると泣いてしがみついてきました。

ひとまず息子を落ち着かせて、自転車を駐輪場の所定の場所に止め、家に帰って着替えさせました。



私にとって幸運だったのは、これがショッピングモールや電車の中などではなく、家の駐輪場だったことです。かんしゃくが始まってから、ほかの方には迷惑をかけない位置に自転車を動かしていたので、被害はアスファルトと自転車のシートだけでした。またプール帰りだったのでタオルも持っており、掃除もできました。マンションの駐輪場なので、すぐに家に帰れます。これが違う場所だったら、もっと大変だったでしょう。


息子は現在夜のおむつも卒業しており、トイトレに関してはスムーズにいった方だと思います。でも、すべてがうまくいっているわけではありません。こういう事件だってあります。



息子は、落ち着いた後で「ごめんね」と謝ってくれました。そして、「違う道がよかったの」とぽつりと言いました。私も静かに息子の話を聞き、一緒におやつを食べました。息子はかんしゃくを起こしたあと、私に癒してもらえます。子供っていいなあー。

一方、息子のかんしゃくを受け止めた私の心の疲れは、誰にも癒してもらえません。夫も遅いですしね。そんなときは高いお菓子を食べます(笑)


今後の対策としては、息子が疲れているときや眠いときは特に、かんしゃくを起こしそうな火種を避けるということでしょうか。いつもと違う道を通ったり、母親の都合を押し付けたりしないように気をつけます。息子も成長すればいつか分かってくれるはず。たぶん。

それまでは自分の癒し用に、お菓子を買い込んでおきます!