君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【プラレール博】「プラレール組立工房」で世界に一つだけのプラレールを作ったよ

f:id:lily03:20170504072149j:plain

プラレール博にはさまざまなアトラクションがありますが、子供がまだ小さいうちでも楽しめて、一生の思い出になるのが「プラレール組立工房」です。これは、その場で撮った家族写真を組み込んだ、世界に一つだけのプラレールがもらえるというアトラクションです。

使用するチケットは8枚なので、金額にすると約800円。動力車(モーター付き)なので、市販のプラレールと比べてもそう高い金額ではありません。

親としては「写真が入ったプラレールはちょっと恥ずかしい」と思ってしまいますが、子供は大喜びです。運転士になった気分のようです。特別な一台になりました。

今日は、このアトラクションをレポしたいと思います。


「プラレール組立工房」の待ち時間

プラレール博で、一番人気のアトラクションです。そのため待ち時間も多め。

初日の9:20(開場時間が早まった)で、40分待ち。
9:55で、100分待ち。
10:30で、110分待ち。
11:30でも、110分待ち。

お昼頃が一番混みます。午前中に行く場合は朝一で並ぶか、夕方以降など遅めの時間にトライしたほうが良さそうです。


プラレール製作の流れ

順番が来たら、こんな椅子に座って写真を撮ります。

f:id:lily03:20170504072135j:plain:w400


f:id:lily03:20170504072134j:plain:w400


我が家は夫が仕事のため、息子と二人で行きました。2人での撮影時は、「抱っこして、顔を近づけてください」と言われました。


先ほど撮った写真が、プリクラになって出てきます。

f:id:lily03:20170504072146j:plain



そのプリクラをお兄さんに渡すと、プラレールに貼ってくれます。

f:id:lily03:20170504072147j:plain



試しに電池を入れて、テスト走行。(写真がぶれてます)

f:id:lily03:20170504072145j:plain



無事走ったら、写真を貼った部分に透明のカバーを付けます。

f:id:lily03:20170504072144j:plain


完成です!!!

こんな感じになります。クリアタイプで、かっこいいです。

f:id:lily03:20170504072150j:plain


f:id:lily03:20170504072149j:plain


上からみた図。

f:id:lily03:20170504072152j:plain

最近のプラレールは速度を2段階に切り替えられるものが多いですが、こちらはON/OFFのみです。

注意点としては、電池は付属しません。単2電池一本が必要です。家に帰ってすぐに走らせたいと思うので、事前に単2電池のストックを確認しておくといいかも。


残ったプリクラはもらえます。……と言っても使い道があまりない(笑)

f:id:lily03:20170504072151j:plain



トミカでも写真入りの車を作りましたが、プラレール版の方が写真がよく見えるように思います。トミカ版だと写真が斜めになります。

f:id:lily03:20160812050757j:plain



※2018年4月29日追記※
2018年プラレール博の「プラレール組立工房」では、赤い電車でした。

(赤が2018年、青が2017年)
f:id:lily03:20180429092748j:plain


両方を比べてみて思ったのですが、写真を撮るときには、子供と顔が近くなるようにした方がいいです。

f:id:lily03:20180429092829j:plain

左は子供を膝に座らせて撮ったもの、右は子供の腰を抱っこして撮ったものです。子供と顔を近づけて撮ると写真がアップになるため、電車に貼ったときに迫力が出ます。

これから「プラレール組立工房」にチャレンジされる方は、ぜひ家族全員でくっついて写真を撮ってみてください



次回は、イベント限定品のレールと橋脚を紹介して、プラレール博関連の記事を終わりにしたいと思います。


★プラレール博関連の記事はこちら