君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【レゴデュプロ】ブロックを使って、玉ころがしと輪投げを作ってみたよ

f:id:lily03:20180106153259j:plain

家にあるおもちゃ、どれも何だか気が乗らないという日がないですか? 子供は退屈そうなのに、親がいろいろ提案しても「やだ」と言われる日が。

「電車しようよ」「やだ」「粘土する?」「やだ」「おままごとは?」「やだ」 こんなときに限って、宅配便待ちで家にいなきゃいけません。そういうときは、レゴを使って新しいおもちゃを作っています。

LEGO Familyというレゴ社の公式サイトには、デュプロの遊び方のアイデアが掲載されています。そちらをもとに、デュプロで玉ころがしと輪投げを作ってみました。


玉ころがし

www.lego.com

【用意するもの】
・基礎板
・ブロック
・何か小さめのボール(ビー玉だと基礎版のポチにひっかかってうまく転がりません)

【作り方】
ボールが落ちないように左右にブロックで塀を作り、障害物となるブロックを適当に置けばOKです。ボールが下に落ちないように受け皿も作ってみました。

f:id:lily03:20180106153527j:plain



3歳3か月の息子が遊ぶ様子。

f:id:lily03:20180106153533j:plain

f:id:lily03:20180106153745j:plain

キャーキャー言いながら、かなりダイナミックに動かしてました。写真のように、左右の塀部分に持ち手を作ってあげると子供もやりやすいです。


輪投げ

次に作ったのは、輪投げです。

www.lego.com


【用意するもの】
・基礎板
・ブロック
・輪

輪については、以前サーティーワンのパーティーセットについてきた輪投げのリングを使いました。

f:id:lily03:20180106153518j:plain

main.lilyblog.net

最初はヘアゴムで輪投げをしようとしましたが、輪が小さくて大人でも難しかったです。あとは圧力鍋の予備のパッキンでもいけるかも? ダンボールをきりとって輪にするなら、サイズも自由自在です。


【作り方】
ひたすら基礎板にブロックを積み上げ、ちょっと離れたところから輪を投げるだけです。

f:id:lily03:20180106153449j:plain:w400



3歳3か月の息子だと、輪投げはどうやら難易度が高くてできず。どちらかと言えば作るときの方が楽しそうでした。

f:id:lily03:20180106153503j:plain:w400

f:id:lily03:20180107064719j:plain

早々と輪投げをあきらめ、ブロックを積み上げたり壊したりしはじめました。本人が楽しいならいっか!


おわりに

レゴのいいところは、遊びを作り出せるところですね。若様の無聊をお慰めすることができて良かったです。

LEGO Familyのサイトにはほかにもいろんなアイデアがのっています。影絵はいつかやってみたいなあ。ブロックでボーリングのピンを作るのは簡単にできそうですよー。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レゴジャパン LEGO(レゴ) 2304 デュプロ 基礎板 緑
価格:1640円(税込、送料別) (2018/1/7時点)