君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【レゴデュプロ】揃えておくと何かと役に立つパーツ7選

f:id:lily03:20170613213140j:plain

レゴデュプロに関するご質問をいただいたので、それにお答えしたいと思います。

「デュプロで見本以外のものを作るとき、揃えておくと重宝するパーツは何か?」という内容でした。そこで、私の使用頻度が高いパーツを7個ご紹介したいと思います。買い足す際のご参考になれば幸いです。


f:id:lily03:20170613220151j:plain

細長い柱のパーツです。我が家には4本あります。


この柱ブロックは基本ブロック4個分の高さです。作品に何か高さを出したいときに、すごく便利です。

f:id:lily03:20170613220431j:plain

ぱっとはめるだけでいいから楽だし、ブロックの節約にもなります。それに他のブロックと違って円柱形なので、作品の見た目もきれいになります。



【例1】おうちの2階の支え

f:id:lily03:20170613220814j:plain



【例2】カフェのカウンター

f:id:lily03:20170613221110j:plain



【例3】階段の支え

f:id:lily03:20170613213306j:plain:w400



【例4】ガレージの柱

f:id:lily03:20170613221443j:plain



【例5】アイスクリームの棒、パラソルの柱

f:id:lily03:20170613221555j:plain


こんなふうに使い方もたくさんあります。使い勝手が良いのでおすすめです♪


レジ

f:id:lily03:20170613222140j:plain

このレジパーツがあるだけで、ぐっとお店っぽくなります。カフェ、スーパー、ホテル、いろいろできます。

でも本来の「キャッシュレジスター」以外にもいろいろ使えますよ。私は機械系をすべてこのブロックで代用しています。


【例1】駐車場の発券機

f:id:lily03:20170613222435j:plain



【例2】マンションのオートロック

f:id:lily03:20170613222458j:plain:w400

あとはパソコンとか固定電話もこのブロックで見立てられます。何かと便利なので、揃えておいて損はないかと思います。


家族を表すフィグ

自分の家族を表すフィグを決めておくと、ごっこ遊びにも熱が入ります。息子もこれらのフィグを「ママ、〇〇(息子の名前)、パパ」と呼びます。

f:id:lily03:20170613224140j:plain

私は金髪ではありませんが、当初大人の女性のフィグがこれしかなかったので、自然とこれになっちゃいました。


可能であれば子供を表すフィグが複数あると、社会性も身に着けられます。

f:id:lily03:20170613224511j:plain
(ブランコはアンパンマンブロックです)

息子は女の子を動かしながら「ブランコのりたいな」と言い、今度は男の子を動かしながら「じゃあ、あと10回漕いだらね」と言っています。ごっこ遊びを通して、順番を待つ練習ができています。


カーベース

男の子ならとくにおすすめです。主に電車をつくるときに使うパーツです。プラレールみたいに連結できます。

f:id:lily03:20170613223231j:plain



息子はこれに人を乗せて走らせるのが大好きです(笑)

f:id:lily03:20170613223315j:plain

ちなみに、プラレールのレールはサイズが合いません。デュプロ専用のレールが必要です。我が家には専用レールがありませんが、テーブルや床を走らせて楽しそうにしています。

車にはなんでも乗せることができるので、自由な発想で使えます。基本ブロックを積み上げるだけでも楽しいと思います。低年齢の子でも遊びやすいパーツです。


大人が作るなら……

【例1】パレードのフロート

f:id:lily03:20170613213327j:plain:w400

フィグがミッキー&ミニーだったらそれっぽくなるのですが、持っていないので別のもので代用しました。



【例2】ぬいぐるみのベビーカー

f:id:lily03:20170527171103j:plain:w400


お花

f:id:lily03:20170613223945j:plain

本記事に載せた写真でも、至るところでお花が登場しています。もう少しカラフルにしたいなーというところにとりあえず付けてます(笑)

子供の手でもお花ははめやすいです。お花だけを積み重ねてタワーのようにすることもできますよ。


タイルプレート

f:id:lily03:20170613231650j:plain

一部にしか凹凸がないのが面白いです。大きさも手頃で、簡単に屋根として使えるので気に入っています。


【例1】屋根として

f:id:lily03:20170613231747j:plain

屋根を作るのに一般的なのはカーブブロックですが、このタイルプレートを使うとカーブブロック3個分を一つのタイルプレートで賄えます。ブロックの節約になります。



【例2】床として

f:id:lily03:20170613231907j:plain

床にもできます。凹凸がないので、アンパンマンブロックのフィグも置きやすいです。


基本ブロック

f:id:lily03:20170613213523j:plain

セット商品には、意外と基本となるブロックがあまり入っていないんですよね。それぞれ10個以上あると、作れるものがぐっと増えると思います。


例えばこれ。

f:id:lily03:20170613231033j:plain

トイレ、テレビ、ソファー、カウンターキッチン、机といすです。


解体すると、このとおり。

f:id:lily03:20170613231137j:plain

お鍋とケトル以外は、すべて基本となるブロックのみでできています。特殊パーツがなくてもいろんなものを作れるので、ある程度の量を揃えておくと便利です。


パーツの買い足し方法

パーツだけを買い足すには、ヤフオクやメルカリなどの中古市場で探す方法と、パーツ販売しているネットショップで探す方法があります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。


まとめ

以上、レゴデュプロで「揃えておくと何かと役に立つ」パーツを7つご紹介しました。

・柱
・レジ
・家族を表すフィグ
・カーベース
・お花
・タイルプレート
・基本ブロック

私は2歳9ヶ月の息子とごっこ遊びをすることが多いので、このラインナップになりました。子供が大きくなって、自分で作品を作れるようになると、必要なブロックにも変化があるかもしれません。

少しでもご参考になればうれしいです。
また何かご質問がありましたら遠慮なくどうぞ(^^)/