君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

初めての保護者会

f:id:lily03:20180419063832j:plain

初めての保護者会に行ってきました。こういう場に行くと、自分が親であるという実感がわいてきますね。
最初は全体での保護者会、終わったらクラスの保護者会という流れでした。

全体での保護者会で印象に残ったのは、なんといっても、役員の方々のきらびやかさです。

後援会部分の司会を務められた方なんて、宝塚の男役かと見まごうくらいの凛としたたたずまい。ほかに前年度の報告をされていた他の役員の方々も、みんなバリバリ仕事ができそうな雰囲気でスーツが似合っています。

仕事をやめてずいぶん経つ私は、その雰囲気にのまれてしまったのでした。。。


クラス会での自己紹介

そして各クラスに移動して、クラス会が始まりました。

プレのときの経験から、「たぶん自己紹介から始まるだろうなー」と予想していた私。予想は的中、やっぱり一人ずつ自己紹介をすることになりました。

今回の自己紹介も、端っこの席の方から始まりました。私はと言うと、この状況を予想して真ん中あたりの席を確保していたため、ゆっくり内容を考える時間がありました。フフフ…。これからも端っこの席を避けて生きていきます。

main.lilyblog.net


クラス会での役員決め

そして緊張が走った、役員決め。

私としては、「できたらやりたくない」スタンスです。自分が人をまとめる器ではないので、代表の方に付いていきたいタイプです。その分係とかお手伝いは喜んで引き受けるつもりです。

役員がなかなか決まらなかったらどうなるのかな、くじ引きになるのかしらと緊張しながら、「三役を希望される方、いらっしゃいますか」という言葉を聞きました。

そうしたらですね。

「はいっ」

と向こうから手が挙がったではありませんか!

なんとまあああ!!!

役員を希望される方がいらっしゃいました。

こういうとき、自ら手を挙げられる方はすごいです。

進んで面倒ごとを引き受ける姿勢は、きっと子供にもよい影響を与えるでしょう。一方の私は、手を挙げる勇気が出ませんでした。手を挙げたお母さまの様子を見ながら、いろいろ反省してしまいました。


保護者会が終わって帰宅したら、どっと疲れました。専業主婦で、ふだん家と公園の往復しかしていないと、ああいう場に行くだけで気圧されてしまいます。

でもまだ母親としての学校行事参加は始まったばかり。子供が高校を卒業するまで、何度も学校に足を運ぶことになるのでしょう。

子供が高校を卒業するまでって……考えたらあと15年もあるじゃないですか。さすがに15年も学校行事に参加していたら、最後は慣れるかもしれません(笑)