君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【2歳11カ月】子連れでスーパー銭湯のススメ

f:id:lily03:20170823075831j:plain

最近、息子と一緒にスーパー銭湯に行くことにはまっています。銭湯は家から自転車で7分くらい。温泉ではありませんが、いろんなお風呂があって楽しいです。ついに回数券まで買ってしまいました。

スーパー銭湯のいいところはですね、

「レジャーが息子の世話を兼ねている」点。

どこか外に連れて行ってほしいという息子の欲求も満たせるし、毎日の子育てノルマである「お風呂」を楽しく済ませることができるので、一石二鳥なんです。帰ったらお風呂に入れなくてもいいというのはすごく楽。

公園は暑すぎるし、かといって涼しいモールに連れて行くとお金を使ってしまいそうだし……そんなときにはスーパー銭湯がちょうどいいです。


お風呂の楽しみ

子連れでお風呂に行くと、高い確率で、おばさまに話しかけられます。「いまいくつ?」「よくおしゃべりするね」といったような会話です。夫以外の大人とまったく話をしない日もある私にとって、この会話が息抜きになっています。

息子は小心者で、私と手をつなぎたがるので、お風呂で走り回ったりはしません。その点は楽です。露天風呂に一緒に入って、「気持ちいいねー」「そうだねー」と話すだけで、幸せを感じます。


私は大体夕方にお風呂に行っています。お風呂に入った後は、パジャマに着替えさせることにしています。そうすることで、育児ノルマの一つ「パジャマへのお着替え」もクリア。あとは夕ご飯を食べさせて歯磨きして寝かしつけるだけになります。

いつも行くスーパー銭湯にいる子供はパジャマ率が高いので、私もそうしています。これが許されるかどうかは、スーパー銭湯ごとの文化にもよるかも。私は普通の服に着替えています。


お風呂上がりの楽しみ

お風呂を上がったら、息子は牛乳、私はオロナミンC(大好き)を飲みます。

牛乳の自販機は、銭湯によくあるタイプのものです。番号が振ってあり、ビン入りの牛乳がずらっと並んでいます。息子はどれを選んでも同じなのに、どの番号の牛乳にするかひとしきり悩みます。決めたらお金を入れて、一人でテンキーを使って番号を押し、牛乳を買います。

二人で並んでベンチに腰掛けて、「おいしいね」と言いながら飲み物を飲みます。この時間がすごく好きです。

飲み終わったら、それぞれ分別してゴミ箱に入れ、スーパー銭湯を出ます。


お風呂上りでポカポカした体を抱き上げて自転車に乗せて、帰り道を走り抜けます。風がとっても気持ちいいです。「楽しかったねー」と言いながら家を目指します。

息子は男の子なので、一緒に銭湯に行ける時間はとても短いです。それまでは二人で露天風呂につかって楽しむ時間を大切にしたいと思います♪