君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

初めてのキッザニア! オリエンテーションツアーで3歳5か月の息子も楽しめたよ(感想・口コミ)

f:id:lily03:20180221092746j:plain

満足度:★★★★★(5.0)

消防士やハンバーガーショップの店員、キャビンアテンダントなど、子供がいろいろなお仕事を体験できるキッザニア。こちらの施設は、3歳からお仕事の体験が可能です。ということで、3歳5ヶ月の息子を連れて、ららぽーと豊洲にあるキッザニアデビューしてきました!

「行ってみたいけれど、初めてのキッザニア、どのように過ごしたらいいの? 3歳でも大丈夫?」と思われるかもしれません。そういう方には、オリエンテーションツアーがおすすめです。私たちも参加してきました。

このツアーは電話予約が必要です。料金も通常予約よりはちょっとだけ高めです。でも、ガイドの方にキッザニアを案内してもらえるし、待ち時間なしで3つのお仕事を連続体験できるなど、メリットも多いです。

ツアーがどのような感じで進むのか、詳しく書いていきたいと思います! これからキッザニアに行かれる方の参考になれば幸いです。


ツアーの予約方法

オリエンテーションツアーは電話予約のみです。

オリエンテーションツアー|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

実施日が限られているので、上記公式サイトでご確認ください。電話で予約するため、料金は当日受付で支払います。


ツアーのスケジュール

休日第二部(16:00~21:00)のオリエンテーションツアーに参加した際の、スケジュールを書いておきます。

15:00まで 受付を済ませる
15:15 集合
15:30 入場開始
15:35~15:55 劇場の椅子に座り、スライドを観ながらキッザニアの説明を受ける
15:55~16:20 ガイドさんに連れられてキッザニアを徒歩で探検
16:25~16:55 1つ目のお仕事体験(発明工房)
17:00~17:15 2つ目のお仕事体験(宅配センターのアルバイト)
17:20~17:50 3つ目のお仕事体験(モスバーガー)
17:55 解散、あとは閉園(21:00)まで自由行動

時系列で説明していきますね。


まずは受付

第二部の場合、ツアーの電話予約時に15時までに受付を済ませるよう言われました。14時頃キッザニア受付で料金を支払うと、いろいろなグッズを渡されました。

f:id:lily03:20180220214956j:plain

クーポン以外のものはオリエンテーションツアーの中で説明をしてくれるので、よくわからなくても大丈夫です。ただし集合までに、オレンジ色のジョブスケジュールカードに名前や年齢を書いておくと便利です。受付の脇に鉛筆と長机があります。



オレンジ色のジョブスケジュールカードは、お仕事の体験に必要になるものです。普通であれば入場前は真っ白のはずですが、ツアー参加者のカードにはすでに3つのお仕事のシールが貼られていました。

f:id:lily03:20180220215003j:plain

ツアー参加者は、並ばずに3つのお仕事を連続で体験できるんです(ただしお仕事の内容は選べません)。だからジョブスケジュールカードを確認すれば、どのお仕事が体験できるかわかります。お仕事の内容は、日によって違うようです。


時間になったら集合

時間になり集合しました。実際に入場できるのは15:30からです。他のどの参加者よりも、ツアー参加者が一番先に入場できます。そのため、まだ誰もいないキッザニアの写真が撮れます。この日のツアー参加者は10組ぐらいでした。

f:id:lily03:20180220220240j:plain


まずはキッザニアの説明を受ける

劇場という場所に行って各自席に座り、スライドを観ながらキッザニアの説明を受けました。キッザニアの理念や、キッザニアが世界にどれだけあるかなどで、3歳には難しい内容でした。


ガイドさんと一緒に、キッザニアを探検

次はガイドさんと一緒に、キッザニアのなかを探検することになりました。このとき名前を呼ばれて、10組が二つのグループに分かれました。集まった5人は全員男の子だったので、性別で分けているようです。このグループはツアー終了まで同じで、お仕事の体験も全部一緒にしました。

ガイドさんはキッザニアを案内しながら、基本的なルールや、建物内がどんな構造をしているかを教えてくれます。質問にも答えてくれます。


1つ目のお仕事体験(発明工房)

キッザニアの理解が進んだところで、いよいよお仕事の体験が始まります!
まずは発明工房というところに行きました。

発明工房|アクティビティ紹介|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)

「よく飛ぶ飛行機を作るにはどうしたら良いか」といいう依頼を受けて、飛行機の模型を作り実験を繰り返してレポートをまとめます。最後に自分で書いた発明レポートをもらえます。


お仕事の予約手続きは子供たちだけで行います。でもツアーだと5人グループで一緒に行きますし、ガイドさんのサポートもありますので、初めてでも問題なくできると思います。

これがオリエンテーションツアーのいいところです。3歳の息子でも、みんなで一緒にやることで、流れが理解できます。ツアーが終わった後は、一人で予約ができるようになっていました。



お仕事スタートを待っている間、パビリオンの前で、自分で飛ばしたい飛行機の主翼などの形を選んでレポートに記入しました。

f:id:lily03:20180221112407j:plain

3歳には難しいので、レポートの記入はガイドさんが手伝ってくれて、親は少し離れたところで見守っていました。キッザニアでは、できるだけ親は手を出さない雰囲気です。



レポートの記入が終わると、ユニフォームを着ます。

f:id:lily03:20180221113418j:plain:w400

ツアー参加者の優しいお兄ちゃんが、息子の制服の袖をまくるのを手伝ってくれました。参加者のグループで仲間意識が生まれるため、お互いが声を掛け合ってフォローしてくれるんです。これもツアーのいいところだと思います。



お仕事がスタートすると、子供たちだけで中に入ります。息子はちゃんとお兄ちゃんたちに付いていき、母親と離れるときに泣きませんでした。これが最初から一人だったら、泣いていたかもしれません。ツアーに参加しておいて良かったと思いました!



ガラス張りなので、親は外から様子を見守ることができます。ただし声は聞こえません。

f:id:lily03:20180221113756j:plain
(グループ5人に加えて、別の女の子が一人予約枠で入り、一緒にお仕事体験しました)

私は気になってずっと外で見ていましたが、お子さんが大きい場合は、保護者ラウンジで待っていて時間になったら戻ってくることもできます。

お仕事の体験中はパビリオンのスタッフの方がフォローしてくれます。ツアー参加者が小さい子の面倒を見てばかりで体験しづらい、ということもありません。



発明工房というお仕事体験では、紙飛行機を作成したあと、飛ばす実験をします。この段階ではパビリオンの室内に入ることができます。ドアが開けられて、保護者の方どうぞと言われました。写真・動画チャンスです♪

f:id:lily03:20180221114619j:plain

f:id:lily03:20180221114614j:plain

こんなふうに、作った紙飛行機を飛ばします。息子もうれしそうにチャレンジしていました。

実験が終わると、また保護者は退室します。子供たちはパビリオンの中でレポートを仕上げて、お給料をもらい、親のところに戻ってきます。

戻ってきたときの息子の顔が、すごく輝いていました。これが親としては一番うれしかったです。

もらったお給料を私に見せながら、「見て! お金をもらった、ぼくがんばったよ!」と言っていました。ひとりでできたという自信もついたようで、「早く次のお仕事をしたい!」と言っていました。

子供の成長を一番近くで見られるので、今まで行ったどの遊び場よりも親の満足感が高いです。もちろん子供も。楽しく社会の仕組みを学ぶことができ、キッザニアってほんとうにいい場所だわと思いました。



ちなみに、発明工房で作ったレポートは持ち帰れます。

f:id:lily03:20180221115248j:plain

感想などは書けないので、スタッフの方が代筆してくれたようです。

飛行機の羽は持ち帰れますが、胴体部分はもらえません。スポンサー企業であるリソー教育のHPに行って必要事項を記入しないと、送ってもらえないそうです。親としては、ちゃっかりしてるなと思います(笑) 

パビリオンの中でも同様の説明があったようで、息子は紙飛行機を渡しながら「ママ、これねー、登録してって言ってたから、しといてね」と私に言ってきました。


紙飛行機を飛ばすので、男の子向きの体験だと思います。レポートを書くのは3歳では難しいですが、紙飛行機を飛ばすのは楽しそうでした。


2つめ、3つめのお仕事体験

通常は一つお仕事が終わらないと次のお仕事の予約ができません。でもツアー参加だと待ち時間なしでお仕事を3つ連続体験できます。

二つ目は、宅配センターのアルバイトのお仕事でした。通常のお仕事は30分程度かかりますが、アルバイトだと10~15分で体験が終了します。アルバイトだとユニフォームの着用はありません。

f:id:lily03:20180222021515p:plain:w400



三つ目は、ハンバーガーショップの店員でした。

f:id:lily03:20180220214940j:plain:w400

※この二つのお仕事の詳細については、ツアー終了後に体験した別のお仕事と合わせて、次回の記事で書きます。


解散したあとは自由行動

18時前にツアーが終了します。閉園の21時までは残り3時間。ここからは自分で仕事を選び、予約をしていくことになります。

ガイドさんに聞いた、特に人気の高いお仕事は以下の3つ。休日の場合、これらは入場開始後15~20分で予約がいっぱいになるそうです。

・お菓子工場スタッフ(ハイチュウを作り、持ち帰れます)
・メガネ屋(サングラスがもらえます)
・はんこ屋(名前のはんこが作れます)

ツアーに参加した場合、予約が18時以降になるため、まずこれらのお仕事は体験できないと考えていたほうが良さそうです。


ほかにも人気の高いお仕事は予約を締め切っている場合もあります。息子はピザショップの店員をやりたがっていましたが、これは18時だと予約を締め切っていました。

でもすべてのお仕事が終わっているわけではありません。息子はこのあと、ガソリンスタンド店員、プリント工房(カレンダー作り)、銀行での口座開設をしました。詳細は次回の記事で。


オリエンテーションツアーに参加した感想

我が家の場合は、オリエンテーションツアーに参加して良かったです。

・並ばずに3つのお仕事を体験できた
・同じ5人で体験したのでグループ内で仲間意識が芽生え、大きいお兄さんたちが息子を気にかけてくれた
・ツアーがいい練習になり、息子がお仕事の申し込み方や流れを理解した。自由時間になってから一人で申し込みができるようになった

キッザニアでは、子供たちだけでお仕事の予約や体験を行います。同じグループのお兄ちゃんたちがいいお手本になってくれたため、息子でも初めてのキッザニアを満喫できました。小さい子の場合は、ツアーに参加するメリットは大きいと思います。

ただし、自分の好きなお仕事の予約が18時以降になるというデメリットもあります。すでにお子さんが大きい場合は、ツアーに参加せず、最初から好きなお仕事の予約に向かうという手もあります。


息子はキッザニアのことが大好きになったみたいで、また行きたいと言っています。キッザニアは中学生まで体験ができるようなので、それまで楽しみたいと思います~!


★キッザニア関連記事★
main.lilyblog.net