君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【レビュー】レゴのハイスピードパッセンジャートレイン(60051)で3歳の息子と遊んでみた

f:id:lily03:20171227221924j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)

3歳3か月の息子のクリスマスプレゼントは、レゴの「ハイスピードパッセンジャートレイン(60051)」でした。25日の朝にツリーのところに置いておきました。

息子はプレゼントを見つけて大喜び。「サンタさん、寝てるあいだに来たの? 三人とも寝てるあいだに?」と言われました。

サンタさんに会えなかったのは残念そうでしたが、すぐに興味がプレゼントに移りました。出勤前の夫と一緒に開封して楽しそうでした。幸せな朝でした。

プラレール一辺倒だった息子が、初めて触ったレゴトレイン。どんな商品か、レビューしていきたいと思います。


組み立ては意外と簡単

箱はすごく大きいです。

f:id:lily03:20171227221708j:plain



説明書を見ながら、息子メインで組み立てました。

f:id:lily03:20171227221725j:plain

私は、パーツを探すのを手伝ったり、息子の力では浮いてしまう部分を押さえたり、間違っているところを指摘したり、難しい部分を代わりにやったりしました。モーター関係の設定は母親の私でもできました。

息子のレゴ歴:普通サイズのレゴは2ヶ月程度ですが、1年前からデュプロに触れています。

ピース数は610と多めですが……この電車は3両編成で、繰り返しの作業が多いです。1両目を作ってコツをつかめば、2両目、3両目はけっこう簡単にできると思います。1両目にはバッテリーボックスやレシーバーを乗せます。2両目と3両目は、8割方同じ構成です。



完成! わーい!!

f:id:lily03:20171227222042j:plain

自分で組み立てた電車が動くのを見たときは感動しました。息子と一緒に手を叩いて喜びました。


電車のサイズは、プラレールよりも大きめ

レゴの電車は、かなり大きいです。一両目の長さだけで、27.5cmあります。

f:id:lily03:20171227222418j:plain



その分3歳でもホールドしやすいです。手押しもできます。

f:id:lily03:20171227222903j:plain

ブロックを組み合わせて作った電車なのに、ぎゅっと握っても壊れません。


各車両紹介

1両目にはバッテリーボックスが

3両編成のうちの、1両目です。

f:id:lily03:20171227222006j:plain
(写真のポイントレールはセットには含まれていません)

1両目と3両目の屋根にはパンタグラフが付いています。ただ、息子が電車を手押しするときに邪魔なようで、一両目のパンタグラフを取った状態で遊ぶことが多いです。



フロントパーツを開けると、運転席があります。運転士のミニフィグ付き。

f:id:lily03:20171227222059j:plain



一両目の内部には、リモコンの電波を受信するレシーバーと、バッテリーボックスが入ります。なのでミニフィグを乗せる余地はありません。

f:id:lily03:20171227222127j:plain

ちなみに、このトレインを動かすには別売りの単4電池が9本必要です(バッテリーボックスに6本、リモコンに3本)。赤い電源マークを押すと、電車の電源が入ります。


二両目、三両目にはミニフィグが乗せられます

二両目と三両目は、屋根が簡単に開けられます。(大部分にタイルパーツを使っているため)

f:id:lily03:20171227222153j:plain



中には椅子とテーブルが。フィグを乗せて走らせることができます。

f:id:lily03:20171227222209j:plain



ただし息子にかかると、こうなります。。。

f:id:lily03:20171227222223j:plain



インドの電車並みの混雑。ヘビやクモのフィグまで乗車してます。

f:id:lily03:20171227222346j:plain


車両の連結はマグネットで

車両どうしの連結は、このマグネットパーツで行います。カチッとくっつくのが気持ちいいです。プラレールよりも連結は簡単です。

f:id:lily03:20171227221906j:plain


踏切、小さい駅も付属するので合わせて遊べる

セットには、踏切と小さな駅、自転車もついてきます。ミニフィグは下の二人以外に、運転士さんも付きます。

f:id:lily03:20171227221833j:plain



ちなみに、レゴデュプロの踏切があれば一緒に遊べます。車両が大きいので、サイズ感も合います。

f:id:lily03:20171227221752j:plain:w400

デュプロの踏切パーツをそのまま普通のレゴにくっつけることはできないので、間にデュプロの基本ブロック(上の写真では黄色)を噛ませてください。


線路はセットだけでは足りない

直線レールが4本、曲線レールが16本付属します。曲線レールは16本つなぐと円になります。プラレールは8本で円になりますが、レゴのレールだと円にするのに16本必要です。

f:id:lily03:20171227221813j:plain

amazonのレビューでも数多くの人が触れていますが、セットの線路だけでは足りません。スピードを出すと回り切れずに脱線します。レールはたくさんあった方がいいです。


レールを増やしてこんなふうにレイアウトを組みましたが、それでもまだ最高速度だと脱線します。カーブ部分をもう少しゆるやかにした方がよさそうです。そして写真のとおり、プラレールよりも大きなスペースが必要になります。

f:id:lily03:20171227223330j:plain
(写真にある大きな駅や、セット以外のレールは別売です)


リモコンの使い方

こちらが、電車を電動で動かすためのリモコンです。

f:id:lily03:20171227223317j:plain

・動かす前に、リモコンとレシーバーのチャンネルを合わせる必要があります。ここでは「1」に合わせています。「2」「3」「4」に違う電車を割り当てることで、一つのリモコンで複数の電車を操作することができるようになります。

・オレンジの丸いチャンネルが左右に一つずつありますが、右のチャンネルは使用しません。左のみです。右はレゴの別商品「カーゴトレイン」で使うようです。

・オレンジの丸いチャンネルを一メモリずつ右に回すことで、スピードが一段階ずつアップしていきます。左に回すと減速します。減速して電車が止まってもさらに左に回すと、バックします。これも一メモリずつ左に回すことでバックのスピードがアップしていきます。

・赤いボタンを押すと、急停車します。



息子が操作している様子。

f:id:lily03:20171227223314j:plain:w400

息子の利き手は右です。なのでまず右にあるカーゴトレイン用の操作部分を触って「なんで動かないんだろう」と言うことが多いです。あと3歳だと調子に乗ってハイスピードにしてよく脱線させます。息子は手押しとリモコン操作が7:3ぐらいです。


大人がリモコンで操作すると、本当にわくわくします。美しい車体が少しずつスピードを上げて走り出す様子には、惚れ惚れします。夫も「なにこれ。おもちゃの域を超えてる」と興奮していました。駅に合わせて止めたりして楽しめます。


まとめ

・組み立ては意外と簡単
・レゴトレインはかっこいいし、リモコン操作も楽しい
・セットのレールだけでは足りない
・プラレールより大きなスペースが必要

3歳の子供の反応もすごく良いです。でもリモコン操作よりも手押しで遊ぶことが多いのは意外でした。アナウンスを言いながら電車を動かし、駅でミニフィグを乗せ、ごっこ遊びしています。

息子はレゴを作るほうも好きです。「電車をまた作りたい」と言うので、一度壊して再度作りました。

レゴ好きな大人の楽しみ方としては、カスタマイズでしょうか。モーターやレシーバーを自分で作った電車に乗せ替えて走らせることができます。既存の電車が好きならプラレールを買うのが一番早いですが、オリジナルの電車を作りたいならレゴもありです。

冬休み、大人も子供も、ハイスピードパッセンジャートレインでたくさん遊びたいと思います!