君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【マザー牧場】ファームツアーに参加すると、羊とアルパカにエサやりができるよ

f:id:lily03:20180409052615j:plain

満足度:★★★★☆(4.0)

千葉の房総半島にある、マザー牧場に行ってきました!

マザー牧場には別料金のマザーファームツアーというのがありまして、ツアーに参加すると、動物のエサやり体験ができます。エサやりができる動物は、ヤギ・羊・アルパカです。息子も楽しそうにエサをあげていました。

どんなツアーだったか、ご紹介します~。


トラクタートレインに乗るよ

ツアーでは、こんなトラクタートレインに乗ってマザーファームを見学します。

f:id:lily03:20180409054512j:plain

厩舎の中に入って、牛がミルクを飲むところを見たり、ガイドさんに珍しい動物の話を聞かせてもらったり、牧羊犬が羊を追いかける様子を見たりします。基本的にトラクタートレインに乗ったままでの見学です。

トレインの窓にガラスはありません。風を感じながら楽しめます。逆に言うと、真夏や真冬は厳しいかもしれません。


ふれあいタイムではエサやりができるよ

息子が一番楽しみにしていたのが、ふれあいタイム。ここではトラクタートレインを降りて、飼育員さんからエサをもらい、ヤギ・羊・アルパカにエサをあげにいきます。

どの動物にエサをあげるかは自由です。まずは羊にエサをあげて、次にアルパカにエサをあげる、というようなこともできます。みんな同じエサです。ふれあいタイムは、体感だと7~8分でした。


羊にエサやり

エサを見ると、羊から寄ってきてくれます。息子はすごく嬉しそうに、エサをあげていました。

f:id:lily03:20180409065511j:plain

f:id:lily03:20180409065713j:plain:w400

息子、こっちまで嬉しくなるくらいの笑顔でした。私と夫の分のエサは、すべて息子にあげました。


アルパカにエサやり

「アルパカは機嫌が悪いとつばを吐いてくるので、注意してくださいね」とガイドさん。「でもそんなことはめったにないので、逆にツバを吐きかけられたらレアかも」と言われました。ツバはかなりくさいそうです。。。

息子はその話を聞いてもアルパカにエサをあげたいとのことでしたので、トライしました。アルパカは柵の向こうにいるので、自由に触ることはできません。



アルパカさん、小さい息子に合わせて、柵の間から顔を出してくれました。

f:id:lily03:20180409064932j:plain


f:id:lily03:20180409064816j:plain:w400

息子もすごく楽しそうでした。アルパカって白いものだと思っていましたが、体毛は25色もあるそうです。



エサをあげた後は、手が汚れます。

トラクタートレインにはウェットティッシュが備え付けてあります。また、ツアーが終わった後に洗い場もあるので大丈夫です。

f:id:lily03:20180409065325j:plain


マザーファームツアーの参加方法

マザー牧場の入場料と、マザーファームツアーがセットになった券があります。それを入り口で買うと、参加券がもらえます。参加券を持って「山の上ステーション」まで行き、希望時間のバスを予約します。開始時間5分前に集合場所に行き、券をを見せればOKです。

みんなでバスに乗ってツアー開始場所まで行き(乗車時間3分)、そこからトラクタートレインに乗り換えます。ベビーカーはツアーに持ち込めませんので、ベビーカー置き場に置いていく必要があります。

所要時間は60分程度です。でも実際にトラクタートレインに乗っている時間は30分ぐらいです。残りは、移動時間とか帰りのバスの待ち時間になります。


おわりに

マザー牧場ではほかにも、うさぎにタッチしたり、子ぶたのレースを見たり、ジンギスカンを食べたりと、いろいろなことをしました。でも息子はツアーでのエサやりが一番心に残ったそうです。自宅ではまずできない体験ができて良かったです。


自宅に帰る途中、富士山と夕日のコラボが見られました♪

f:id:lily03:20180409065534j:plain



◆関連記事◆
息子が一歳6か月のとき、大分県のアフリカンサファリに行きました。こちらのエサやりツアーは、平和なマザー牧場と違って、ワイルドです。ライオンが自分に向かって口を開ける様子を見る体験は、なかなかできません!

【アフリカンサファリ】ライオンのエサやりができる! ジャングルバスに乗って園内を回ろう〈大分〉 - 君の手を離す日―子連れ旅行記編
(サブブログに飛びます)