君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【2歳11か月】なんで、なんで攻撃

f:id:lily03:20170826065732j:plain

最近の息子は、息をするように「なんで?」と言います。

子供を産む前から、こういう時期が来ることは知っていました。「子供はいろんなことに興味があるんだ、かわいいなあ」と思っていました。でも実際に自分が体験してみると、思った以上に大変です。

何を言っても「なんで」と聞かれるのはちょっとつらいです。もちろんできるだけ息子の疑問に付き合っていますが、質問は一度だけでは終わりません。禅問答のように延々と続いてしまうのです。

「いま何時ー?」
「11時半だよ」
「なんでー?」
「短い針が11のところにあって、長い針が6のところにあるからだよ」
「なんでー?」

これに対する答えを私は持っていません。。。


息子の追及はスパルタ上司なみに厳しい

また、「なんで」と言われることで、責められているように感じることもあります。先日、外出先で肌がかゆくなってしまった息子に、こう聞かれました。

「ママ、クリーム持ってる?」

「あ、忘れちゃった。もうすぐ家に帰るから、帰ってから塗ろうね。ごめんね」

「なんで?」

この質問、きつく感じませんか?
自分のミスを責め立てられているようで…。

それでも一応、反省点を見出し、答えるようにしています。
「ママが、出る前にバッグの中をちゃんと確認しなかったからだね」

「なんで?」

「なんで確認しなかったのって言われても……それは……ママがうっかりしてたから……」

「なんで?」

「なんでうっかりしてたかって……それは朝バタバタしてたから。次からは早めに準備するようにいたしますので!」(最後なぜか敬語)

「そっか」

そっかで済ませないで~


疲れたら一休みしよう

質問責めの毎日、疲れちゃいますよね。

先日も、「ママトイレに行ってくるね」と言うと「なんで?」と言われました。この質問にはこれまで5回ぐらい答えています。すべてが面倒になってしまったので、Siriに「なんでトイレに行きたくなるの」と聞いてみました。そしたら…

「それはおもしろい質問ですね」

で終わってしまいました。

私も息子の質問をこんなふうにかわしたい(笑)

なんでなんで期をお持ちのお子さん、一緒にがんばりましょー。