君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

ホワイトボードを「おしたくボード」として活用。登園前、帰宅後の流れをリストにできて漏れなし。

f:id:lily03:20180513065349j:plain

息子が幼稚園に行くようになってから、登園前と帰宅後が忙しくなりました。朝はいつも時間との戦いです。帰ってきてからは、リュックの中の荷物を出して明日の準備をしなければなりません。

そこで、幼稚園に行く前と、帰ってきてからの一連の流れを可視化したくて、おしたくボードを作りました。

大きなホワイトボード(60cm×90cm)を買って壁に取り付け、おしたくボードとして、また家族のメモとして利用しています。我が家でどういうふうに活用しているかご紹介したいと思います。


ホワイトボードで「おしたくボード」

我が家のホワイトボードには、こんなふうにマグネットシートが貼ってあります。

f:id:lily03:20180513055645j:plain



これはダイソーで買ったもので、最初から罫線が入っています。マグネットシートなのでホワイトボードにくっつきます。

f:id:lily03:20180513055707j:plain:w400



このマグネットシートに、ホワイトボードマーカーで私がやることを書き、終わったら息子が消すという流れになっています。

f:id:lily03:20180513055813j:plain:w400

全部項目が消えたら完了です!


当初は、このマグネットシートに油性マジックでやることを書き、終わったらその横にマグネットを付けることを想定していました。

毎朝ホワイトボードマーカーで書いて消していると大変です。なのでマグネットシートに油性マジックで書いておく方が便利です

朝、帰宅後、寝る前の3つ分のシートを用意しておけば、張り替えるだけで完了です。それにシートをはがせば、普通のホワイトボードとしても使えます。なので、こちらのスタイルの方がおすすめです。

なぜ私がこのスタイルにしていないかというと、息子の反対にあったからです。

実は、リストにあげる項目を整理するために、数日間お試しで書いて消すという流れにしていたんです。いきなり油性マジックで書いてしまうと、やり直しが効かないためです。

そうしたら、「終わったら消す」という流れを息子が気に入ってしまって、どうしてもこうじゃないと嫌だとごねてしまいまして。それで、お試しの流れを踏襲しています。子供相手だと自分の思うとおりにいかないですね。

我が家は毎回書かないといけないのが大変ですが、いつも喜んで消してくれています。


リストに挙げている項目

朝(登園前)

f:id:lily03:20180513055813j:plain:w400

「おきがえ」と「せいふく」が別項目になっているのを不思議に思われる方もいるかも。園の制服はスモックで、普段着の上に着ています。息子のリクエストにより、項目を分けました。あと、「トイレ」を書くのを忘れましたが、いつもは書いています。


帰宅後

f:id:lily03:20180513060826j:plain:w400

リストは息子と私に分かればいいと簡略化して書いているので、ちょっとわかりづらいと思います。ちゃんと書くと、こんな感じです。

・制服をハンガーにかけ、帽子をしまう
・ループタオル、ハンカチ、お弁当用のナプキンを洗濯機に入れる
・コップとカトラリーセット、お弁当箱をキッチンに持っていく
・明日用のループタオルとコップをコップ袋に入れ、ハンカチをリュックに入れる
・園からのお手紙があれば私に渡す
・明日の服を用意して、名札を上に置く

帰宅後すぐに明日の準備をしておいたほうが、バタバタしなくて済みます。全部できたらおやつを食べていいことにすると、率先してやってくれます。私は項目の声掛けを行い、あとはできるだけ見守るようにしています。

帰宅後に明日のコップまで用意しておいてほしいので、幼稚園用のコップは2個用意しています。でもお弁当関連だけは当日の朝でないと用意できないので、それは準備から省いています。

幼稚園から帰ってきてからやることはたくさんあります。こんなふうにリストにしておくと漏れがなく、安心です。

リストの項目は家によってさまざまになると思います。例えば我が家では「手を洗う」は項目に入れていません(息子は帰ったら手を洗うことが習慣化しているため)。金曜日は、体操用の帽子や上靴を出す作業も発生します。


寝る前

寝る前は朝とほぼ同じです。

f:id:lily03:20180513062726j:plain:w400

このおしたくボードは、半日保育のころから、だいたい3週間程度運用しました。マグネットシートに書いては消し、を繰り返しているので、シートがだいぶ汚くなってしまいました。でもおしたくボードのおかげできちんとしてくれるようになり、助かっています。


準備するもの

ホワイトボード

60cm×90cmサイズを利用しています。

ペンや黒板消しは付いてきません。

おしたくボードだけではなく、普通のホワイトボードとしても活用しています。週末にやることリストを書いたり、買い物メモを書いたり、ワークで息子がつまづいた問題の解説を書いたりしています。


壁に取り付けるフック

私は「ハイパーフック かけまくり メタルフックS」という商品を使っています。穴が目立たないという触れ込みで買ったのですが、一度失敗してピンを取ってみたところ、まあまあ目立つ穴が開いてしまっていたので、おすすめしません。。。


ホワイトボード用ペン、黒板消し

f:id:lily03:20180513064707j:plain:w400

どちらも100均です。ペンは赤と黒がセットになって100円でした。マグネット付きなのでボードにくっつきます。ただし赤いペンはホワイトボードに書いたときにうまく消えないのでご注意ください。黒は綺麗に消えます。


数字マグネット

f:id:lily03:20180513064828j:plain

0~10まで揃って100円でした。


こんなふうに出発時間を書いたり……

f:id:lily03:20180513064847j:plain



数字を読むクイズを出したりして遊べます。

f:id:lily03:20180513064919j:plain


罫線が付いたマグネットシート

f:id:lily03:20180513065009j:plain:w400

ダイソー製です。罫線がついており、リストアップしやすくて便利です。


おわりに

身支度や明日の準備の習慣をつけるために、一連の流れを可視化できる「おしたくボード」を用意したら、いいことだらけでした。大きなホワイトボードを使うと、ほかの目的にも使えて便利です!


「おしたくボード」には既製品もいろいろあるようですが、私のように細かく項目を書きたい場合は自作のほうがいいかと思います~。