君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

無料で利用できる「ぷりんときっず」さんのプリントがおすすめ

f:id:lily03:20171203223419j:plain

以前コメントで、無料ダウンロードできるプリント素材があるとお伺いしたので、探して息子にやらせてみました。

利用したのは、「ぷりんときっず」さんです。

print-kids.net

上記のページには、就学前の幼児向けプリントがたくさん載っています。

無料と言ってもクオリティはすごく高いです。プリントのデザインもかわいくてやる気が出るし、問題もよく練られています。運筆、国語、算数のカテゴリに分かれており、量もたくさんあります。


点つなぎプリントがおすすめ

まず息子(3歳2か月)には、「楽しみながら運筆と数字の数え方を覚えられる」点つなぎのプリントをやらせてみました。

息子は楽しんでやりましたが、いくつかつまづいたポイントがあります。息子がどんなところで手が止まったか、記録に残しておきます。


例1)次の数字を見失う
右の太陽の問題はすぐできましたが、左の電車の問題は手こずりました。

f:id:lily03:20171203223954j:plain



つまづいたポイントをあげてみます。

f:id:lily03:20171203224050j:plain

1→2が右に移動する流れだったので、3もそうだと思って右に移動した結果、3を見失ってしまったようです。息子には「次に行く数字が見つかってから出発するんだよ」と教えましたが、何度か、見切り発車してしまって次の目標がわからなくなるケースがありました。

あと、次に行く数字が、鉛筆を持った右手に隠れている場合もありました。「見つからないときは、いったん手をプリントから離して探してごらん」と教えました。


逆に、こういう図の場合はとてもやりやすかったようです。次の目標がかなり近くにあり、流れに沿ってできるからです。(数字が30まで言えない場合は難易度が上がります)

f:id:lily03:20171203225333j:plain



例2)運筆がうまくいかない

f:id:lily03:20171203225741j:plain

次の数字までの線が長くなるときは、フラフラした線になってしまいました。そのため、出来上がった図がえんぴつとハサミであることが、息子には分かりませんでした。

ちなみに、この「ハサミ」は点つなぎとしては超難問にあたると思います。長距離の移動が必要になるケースが多いです。

* * *

以上のようなポイントでつまづきましたが、息子は「1ばーん、2ばーん」と数を数えながら楽しそうにやっていました。「点つなぎ」は数のお勉強と運筆の練習が一度に楽しくできるため、未就園児にもおすすめです。

点つなぎの最初の方のプリントは、一枚に2つの問題が入っているため、モノクロではなくカラーで印刷したほうが分かりやすいです。一枚に一つの問題が入っているケースはモノクロでも大丈夫です。


その他おすすめのプリント

点つなぎ以外にも膨大な種類のプリントがあります。

・何番目か数える問題
f:id:lily03:20171203231340j:plain


・積み木問題
f:id:lily03:20171203231256j:plain


・くらべる問題
f:id:lily03:20171203231356j:plain

などなど。子供の興味に合わせて、必要な分だけ利用できるのがいいですね。


これだけのものを無料で使わせていただける、ぷりんときっずさんに感謝です。息子と一緒に楽しんで取り組みたいと思います。

print-kids.net