君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

息子と一緒に、おもちゃを売りにリサイクルショップに行った話(その2)

f:id:lily03:20171207222359j:plain

前回の話の続きです。

息子と一緒に不要なおもちゃを売りに行って、手に入れたお金が750円でした。これで好きなおもちゃを買っていいよと言ったら、1,290円のプラレールを持ってきた息子。私はどうしたら?!

問題点は2点ありました。
(1)手に入れたお金は750円なのに、1,290円のものを欲しがっている
(2)amazonの新品プラレールの相場は、1300円くらい。同じ値段なら中古より新品を買ったほうがよい

すっかり困ってしまった私です。


まずはお金が足りないことを説明してみた

「おもちゃを売ったお金は、750円だよ。この商品は1290円だから、買えないよ」

「え?」

「560円お金が足りないから、買えないよ」

「え? これがいいのに」

ここではっと気が付きました。

そういえば息子は、100までしか数えられないんでした。。。

3桁以上の数字はまだよく分かっていません。750円と1290円の差額がどれくらいあるか、よく想像できないのです。「手元に1恒河沙しかないけど、この商品は1那由他だから買えないよ」と言われても、私が理解できないのと同じです。

いっそ、「お金がないから買えない」の方が息子にとっては分かりやすかったと思うのですよね。「0」なら理解できるので。

息子は、「750円あるから好きなものを買っていい」と言われたから、プラレールを選んだ。これだけです。3歳児にわかるように、もっと言い方を考えれば良かったです。


それなら新品を買ってあげる、とは言えなかった

さすがに店内でamazonの価格を調べることはしませんでしたが、大体新品プラレールの相場は1,300円ぐらいです。でも、狭い店内で店員さんに聞こえることが分かっているのに、「新品を買った方が安いからやめよう」とは言いづらくて。

「自分の不要なおもちゃを売ったお金で、新しいおもちゃを買う」という流れに水を差さないように、この点はぐっと我慢することにしました。このリサイクルショップの商品の中で、気に入ったものを買ってあげることにしました。


そして私はこうした

お金がどれだけ足りないかよく分かっていなくても、「足りない」という事実だけは分かってもらおうと説明を続けました。それで結局、こうしました。

・息子が欲しがっているものを買う
・家に帰ったら、損失埋め合わせのために売却するおもちゃを2個選んでもらう

欲しいものを今買ってあげる代わりに、帰宅後私は債権取り立て人になることになりました。売却するおもちゃは、本来であれば「560円相当」と言いたいところですが、それだと息子に伝わりません。そこで金額ではなく個数を指定しました。

この方法で息子も納得してくれました。私としても、お金が足りない分の埋め合わせができて、さらに家が片付くのであれば文句はありません。

副都心線を買って、息子と一緒に家に帰りました。


まさかの結末が待っていた

苦労して手に入れた副都心線です。息子は大喜び。

f:id:lily03:20171122111714j:plain



息子が遊んでいるのを見守りながら、amazonで価格を調べてみました。

1,267円でした。

中古を1,290円で買ったんですよね。
やっぱり新品のほうが安い~(笑)

ま、しょうがないなと思いながら画面を見ていると、息子がのぞき込んできました。「これ買ったのと同じだね?」と聞いてくるので「そうだね」と答えたら、息子が「あれ? ちょっと違う」と言い出しました。

「なんでこれ(amazonの画像)には青いシールが貼ってないの?」

実は買った副都心線は、運転席のところにメトロのマークが貼ってあるんです。

f:id:lily03:20171207212830j:plain:w400

このマーク、amazonの画像にはありません。「なんでだろうねえ」と息子には答えつつも、中古だからそういうこともあるんだろうと思っていました。

そのとき、息子がもう一つ気づいたようで、大きな声を上げました。

「この電車、ライトが付くよ!」

f:id:lily03:20171122111717j:plain

手転がしで遊んでいるときには気が付きませんでしたが、モーターで走らせたら、この電車のヘッドライトが付きました。まさかのライト付き車両でした。

これらの違いにぴんと来て、私はもう一回検索。

……やっぱり。

息子が買ったのは、一つ前のバージョンでした。

現在の副都心線にはライトが付いていません。一つ前のバージョンであるライト付き副都心線は現在廃盤になっており、amazonだと新品5,800円、中古でも3,325円でした。

……まさかのプレミア車両でした。

1,290円で手に入れられたのは、ラッキーだったのかもしれません。


……というわけで、おもちゃを売ったお金以上の価値があるものを買えたことは分かったのですが、息子と約束した手前、きちんと売却用おもちゃ2個はいただきました。メルカリで売ったら2,000円ぐらいになりました。

おもちゃが減って家は綺麗になり、収支はプラスになり、息子もライト付きプラレールを手に入れたという、良い結末になりました。大掃除をきっかけにおもちゃの整理をしてみるのもいいかも?