君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

資格スクールに資料請求したら営業電話がたくさんかかってきて困った話

f:id:lily03:20171202005559j:plain

息子は来年4月に、幼稚園に入園します。うちはひとりっ子確定なので、息子が幼稚園に行っている間、私の体が空きます。

せっかくなので働きたいと思っているのですが、現在39歳という私の年齢や、幼稚園児を子育て中という家庭環境、長期の就業ブランクを考えると、就職活動はどうしても厳しくなります。

正社員を目指すのは無理だろうと考えているため、扶養の範囲内で探しています。でも、時間に融通が利いて、家から近くて、デスクワークで、やりがいのあるお仕事で……とワガママを言っていると、当たり前ですがお仕事は見つかりません。

運よく当座のお仕事が見つかったとしても、10年後は50歳。そこまで同じ職場で働いていられるのか、と考えると不安がよぎります。

そんなわけで、定年まで働けるような使える資格を手に入れようと思いました。義母がロールモデルです。

義母は子育て後にある資格を取得しました。そして60歳を超えた今も現役で働いています。働く姿はとても輝いているし、義母からも「子育てと両立しやすくておすすめだし、やりがいもあるよ」と勧められました。そこで、私も同じ資格の取得を目指そうと考えました。

まずは情報を仕入れようと思い、家から通える範囲にある某資格学校に資料請求しました。そこからが大変だったんです。


資料請求翌日に一本の電話が…

Webサイトのメールフォームから資料請求したところ、翌日担当者から電話がかかってきました。まだ資料すら手元に届いていないのに。

電話のタイミングに疑問を覚えつつも、「子供が幼稚園に入ったら資格取得のために学校に通いたい」という自分の状況を話すと、ぴったりなコースを教えてくれました。

でも、ちょこちょこ世間話を挟んでくるんですよね。「幼稚園は公立ですか私立ですかー?」「最近は園でも習い事をさせてくれるみたいですねー」「幼稚園の制服はどんなものですかー?」「ずいぶん前ですけど、私が子育てしてたときは……」などなど。

電話があったのはお昼すぎで、まだ子供は起きています。家事だってしたいです。それなのに、聞きたいことはあまり聞けなくて、半分以上が向こうのペースの世間話です。

ほぼ実のない電話が10分を過ぎたころ、私から「そろそろ子供のところに行かないと。すみません。また資料を見て聞きたいことが出てきたらお電話します」と言って切りました。


そこから怒涛の着信履歴

そこから2日に一回くらい、電話がかかってくるようになったんです。ひどい日は1日に2回も! お昼にかかってくることもあれば、夜20時頃のこともありました。

申し訳ないんですが気が進まなかったので、最初にかかってきた電話番号を登録しておいて、着信がかかってきた際にその名前だと出ないようにしました。前回電話を切った際にも、「聞きたいことが出てきたらお電話します」とは伝えています。

着信に悩まされるようになって一週間がたったころ、今度は見知らぬ電話番号からの着信がありました。でもかかってきた時間から怪しいと思い、その場は出ずにいました。

あとで電話番号で検索してみたら、やっぱり! 同じ資格学校でした。私が電話に出ないので、違う回線から電話してきたみたいです。


メールの内容も信用できない

電話だけでなく、メールもちょこちょこ来ました。それも、申し込みをあおるような内容です。

9月下旬に届いたメールには「1月開講のクラスはいったん9月末日で受付を締め切ります」とありました。

でも10月下旬に届いたメールには「1月開講・4月開講のクラスはいったん10月末日で受付を締め切ります」と書いてありました。

1月開講のクラスは9月末で受付を締め切ったはずなのに、10月末にもまた受付を締め切りますと書いてあります。もう、なんだかなーと思っちゃいました。

* * *

電話・メールを無視し続けて、一か月。やっと平和になりました。

でもその代わり、資格を取ろうと決めた時のやる気の火も、ブスブスと消えかけた状態に。。。それで何もしないまま12月になってしまいました。

もちろん、そのスクールは行かないことに決めました。どんなに授業内容が良さそうでも、一度不信感を覚えてしまうと通えないと思って。

でも違う学校に資料請求しようと思っても、またしつこく電話がかかってくるのかなーと思うと決心が鈍ってしまいます。

ブログを書いている暇があれば、ちゃんと前に進んだほうがいいんですけどね。別のスクールに通うことになるにせよ、資格取得をあきらめて派遣などで働くことになるにせよ、自分の納得のいく結論が出るようにがんばります。