君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【こどもちゃれんじすてっぷ】思考力特化コース5月号を年少息子が解いてみた様子

f:id:lily03:20180525062259j:plain
 
先月末に届いていた「こどもちゃれんじすてっぷ」の5月号、解いてみた様子をアップしていなかったので、記録を残しておきます。

教材に取り組んだ当時、息子は3歳7か月(年少)で、一学年上げて受講しています。「思考力特化コース」を選択しています。


5月号のテーマ

今月の「こどもちゃれんじすてっぷ」は平面図形がテーマでした。

f:id:lily03:20180516133322j:plain:w400

四角と三角のピースを使って形づくりをする、タングラム(紙製)がセットについてきました。一枚カードを紛失したので、アンパンマンの厚紙を三角に切って対応しています。

息子はまだパッと正解を導くことはできません。図形をクルクル回して当ててみながら「うーん、うーん」と悩みます。試行錯誤して解けたときの息子はとても嬉しそうです。



5月号の「思考力ぐんぐん」では、4ページ分がタングラムの問題でした。

1ページ→自力正解
2ページ→自力正解
3ページ→三角は自力正解、四角は3回ぐらいヒントを出してやっと解けた
4ページ→1回ヒントを出して解けた



息子は4ページの問題よりも、3ページの四角の問題のほうに手こずっていました。その問題がこれ。

f:id:lily03:20180525070623j:plain:w400

三角のカードを8枚使って四角を作らないといけません。かなりヒントを出さないと解けませんでした。「三角カードを使ってやろうね」と言っているのに、形が四角だからと四角カードを置いたりしました。



4ページ目は難しそうに見えますが、三角を置く位置が分かりやすいので、そこから攻めるとスルスルッとできたようです。

f:id:lily03:20180525070606j:plain

息子はまず上のとんがった3か所に三角を置き、そこから足部分に移動して三角を置き、空いた箇所を埋める作戦をしていました。私は一度、四角カードを置く位置についてヒントを出しました。左足部分ができると、右足も同じようにできるので楽です。あとは残ったカードを置いていくだけです。


図形に慣れることの大切さ

小学校では、図形の面積を計算するようになります。面積を計算するうえで大事なのが「補助線をどこに引くか」です。複雑な図形でも三角や四角に分けられることに気づけば、上手に計算できるようになります。将来の算数につながる力なので、今後もこういった遊びは取り入れていきたいと思います。


無料プリントにも、タングラムの教材があります。
happylilac.net


紙で作った図形だと、少し触るだけで動いてやりづらいです。何度もやるなら、マグネット式のほうがいいかもしれません。


「思考力ぐんぐん」、息子が解いてみた様子

タングラム以外の問題について、息子が解いてみた様子を書いておきます。

解けた主な問題

・迷路しりとり(p5)
・数の多少判断(p7、8、p11、p12、p23など)
・条件整理(p14)
・図形問題(p19)

息子、数や図形については得意なようです。


苦労した主な問題

・系列の発見(p17)
規則性を見つけて、タイルがどんな順番に並ぶか考えようという問題ですが、息子はまったく手が出ませんでした。ほとんど答えになるようなヒントを出して、やっと解けましたが……理解はできていない様子です。この問題、どうやって鍛えたらいいのかな。


・お話の記憶(p20~21)
これも息子には難しすぎて、だめでした。問題の意味もよく理解できていないようでした。半年後くらいにもう一回やってみたいと思います。


・仲間分け(p22)
f:id:lily03:20180517130414j:plain:w400

親から見て、これはすごくいい問題でした。(息子はできなかったんですけどね)

よくある仲間分けの問題だと、乗り物、食べ物、身に着けるものなどの分類で分けられます。でもこれは「乗り物」だけで構成されているんです。自分の中で何か基準を決めて仲間分けしなければいけません。

息子は適当に丸をつけてしまい、理由をきいても「うーん、わからない」でした。


バスを同じ仲間を探す問題なので、

「(バスと同じく)地面を走るもの」
「(バスと同じく)タイヤがあるもの」
「(バスと同じく)燃料を使って走るもの」

……など、いろいろな仲間分けができます。試験ではないので、「(バスと同じく)息子が乗ったことのあるもの」という分け方でもいいんです。

正解を導くことが目的ではなく、「考える」ことが目的の問題で、とてもいいなと思いました。もう少し成長したら再度チャレンジさせたいです。


オプションコースについて

「こどもちゃれんじすてっぷ」には、サイエンスプラスというオプションコースがあります。ただしHP上では次のような記載があり、先取り学習している子は受講できないようです。

※<すてっぷ>サイエンスプラスは、2013年4月2日~2014年4月1日生まれのかたが対象です。

あきらめきれなくて、会員センターに電話で問い合わせてみました。そうしたらやっぱり、「年少さんでは危ない動作などもあるので受講はご遠慮いただいております」との回答でした。残念です~。



こどもちゃれんじすてっぷの教材は、だいたい月末までに届きます。6月号ももうすぐ届くので楽しみにしています。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ