君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

そろタッチを嫌がったときの技

f:id:lily03:20200722100024j:plain

昨日の記事で「公文の宿題を嫌がったときの技」を書いたので、今度はそろタッチ編について書いてみたいと思います。

お子さんが「そろタッチ面倒くさいなー」という雰囲気を出してきたときに、よかったらお試しください。


どちらが早く押せるかな? 競争

国旗選択画面、もしくはミッション選択画面で、息子にどれがいいか聞きます。

例)ミッション選択画面

f:id:lily03:20200722100828j:plain

たとえば、息子が足し算、私が割り算、のように一つずつ選んだら、号令をかけます。



よーい、どん!


号令とともに、息子と私は、一斉に指をiPadに伸ばします。
早く押せたほうのミッションがスタートします。



勝ったーー!!!


息子は買った時も負けたときも楽しそうに、キャッキャ言いながらミッションをやってくれます。


目隠しでくじ引き

そろタッチのミッション選択でも、「公文のようにくじ引きがやりたい」と言った息子。
苦肉の策で、私が目を閉じて、iPadを適当に押すことになりました。

私は目を閉じているので、どのあたりにどのボタンがあるか分かりません。
私が押したあと、息子が判定をします。


はい


押してない


はい


押してない
もうちょっと右


はい


押したーー!!!

このときも、キャッキャ言いながらミッションをやってくれます。

精神年齢が高いお子様には効かない技だと思いますが、我が家の5歳男子の場合、効果はてきめんです。


そろタッチは、珠が見える状態→見えない状態にステップアップするので、順番にやったほうが学習効果が高いです。でもやる気がないときは、学習効果を無視して競争やくじ引きに付き合っています。

そろタッチの練習をやりたがらなくて困った際に、よろしければお試しください~。