君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

延長保育・預かり保育の利用しやすさは、幼稚園によって大きく異なる

f:id:lily03:20181001115315j:plain

幼稚園の願書提出まであと一ヶ月となりました。来年度入園予定のお子さんをお持ちの方は、もう希望の幼稚園を絞った頃でしょうか。

私は息子が入園後仕事をしたいと考えていたため、通常の保育後の延長保育と、長期休暇中の預かり保育がある園を選びました。でも、延長&預かり保育があると謳っている園でも、実際に利用しやすいかどうかは別問題のようです。入園後に分かったことですが、園によって大きく状況が異なります。

なぜそう感じたのか、書いていきたいと思います。


うちの園のケース

うちの園の場合、延長保育は予約制です。だいたい下旬に翌月の申し込みが始まります。

申し込みは、月極め一時利用に分かれています。月極めはお仕事をされている方限定で、就労証明書の提出が必要ですが、優先的に予約ができます。利用回数・時間にかかわらず、ひと月あたりの定額料金を支払います。

一方、一時利用は、どんな理由でも大丈夫です。時間単位で料金を支払います。


10月から私は、週2で資格スクールに通うことになりました。通学期間は一年。久しぶりに学生に戻ります。学校がある日は幼稚園のお迎えが間に合わないため、延長保育を利用する予定です。

10月から学校が始まるので、慣らし保育のつもりで、9月に一時利用枠で数回預けることにしました。

9月の受付が開始される日の朝、私は子供を園に送り届けたあと、そのまま事務所に向かいました。

ここで驚愕の事実が。

なんと。延長保育を利用したい人が多すぎて、私が申し込みをしようとした時点で、9月すべての日の一時利用枠の定員が埋まっていたんです。

慣らし保育のつもりなので、人数が少なめの日ならどこでもいいと考えていたのですが……9月の一か月間、すべての日が埋まっていました。申し込みは先着順なので、キャンセル待ちしかできません。何もしないよりはいいだろうと、ひとまずキャンセル待ちの登録をして、その日は家に帰りました。


私は朝9時、子供を預けたあとすぐに事務所に向かったのに、もう定員が埋まっていました。いったいみんな何時に来ているんだろう。

あとで上のお子さんをお持ちのママさんに聞いてみたら、「受付日はみんな、朝7時半くらいから並んでいる」「旦那さんが出勤前に園に寄って、申し込みをしている」と教えてもらえました。



私は10月から週2で通学するつもりです。延長保育が利用できないと、学校に行くことができません。延長保育が利用できるかが確実でないことに、すごく不安を覚えました。

そこで検討したのが月極め利用です。月極めだと、優先的に予約ができます。お仕事をされている方向けの制度ですが、相談したら通学でも利用できるとのことでした。

ただし延長保育の利用料は跳ね上がります。月極めだと定額料金なんです。私のように週二回数時間ずつ利用する場合は、一時利用枠を使ったときの料金と比べると、月額一万円以上高くなります。長期休暇中だと二万円以上の差が出ます。

それでも月極めにすれば、「来月ちゃんと延長保育の予約ができるだろうか」と心配することなく、学業に専念できます。夫とも相談した結果、月極めを申しこむことにしました。安心をお金で買ったような形です。

資格取得にかかる費用として、一年分の学費しか考えていませんでしたが……延長保育の利用代(年間20万円弱)もプラスされることになりました。幼稚園の通常の保育料に加えて月極め利用代もかかるので、けっこう大変です。

でも、これらの金額は将来に対する投資のようなものだと考えています。私が資格を得て働きはじめ、投資分を回収して、さらにプラスにしていかないといけません。


他の園のケース

こういうことがあったので、ほかの幼稚園に子供を通わせている方にも、延長保育について聞いてみました。そうしたら、「延長保育の利用しやすさは園によって大きく異なる」ことが分かりました。

【ケース1】
マンモス園で先生もたくさんいるため、急な用事ができたとかで当日に「延長保育をお願いします」と言っても利用できる。

【ケース2】
認可外の幼稚園。通常の保育時間は17時まで。さらに20時までの延長保育が可能で、別料金で夕食も出してくれる。そのかわり元々の保育料が高め。

【ケース3】
一学年一クラスの小規模園。延長保育の制度はあるけれど、専業主婦ばかりでほとんど利用する人がいない。一度利用したら、その日預かりになった子供が一人だけで、さみしい思いをしたようだ。


このように、延長保育・預かり保育の利用しやすさは、幼稚園によって大きく異なります。入園予定のお子さんをお持ちで、延長保育を利用したいと考えている人は、先輩ママさんに実際の利用状況を聞いてみるといいと思います。


思ったこと

気軽に延長保育が利用しづらいことは、入園後に知りました。

でもいまの幼稚園が気に入っているので、転園は考えていません。息子が登園しぶりを乗り越えられたのは担任の先生のおかげです。他の先生もすばらしい方ばかりで、私も学ぶところが多いです。

たとえば、園で行われた誕生日会のとき。時間が長くなったので、座って聞いている園児たちが飽きてざわざわし始めました。そうしたら司会の先生がこう声をかけたんです。

「誕生日のお友達、どきどきしながらインタビューを受けていてすごいね。みんなも、しっかり聞けてかっこいいね」

そうしたら園児たちのざわざわは収まりました。

私なら「静かにお話を聞こうね」と声をかけるところですが、先生は「みんなしっかり聞けてかっこいいね」と言っていました。やっぱり、この園にしてよかったなあと思っています。

幼稚園選びって難しいですね。自分が思う条件をパーフェクトに満たす幼稚園というのはないように思います。あとはどこに優先順位を置くかです。


9月は延長保育をキャンセル待ちで登録したのですが、そのうちの2日は順番が回ってきて、無事慣らし保育を行うことができました。息子は母子分離が苦手なので心配していましたが、同じクラスのお友達がいたためすんなりと状況を受け入れてくれました。

10月からは本格的に、週2回の学校通いと延長保育通いが始まります。親子ともに頑張ります!