君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

BSテレ東「THE名門校」雙葉学園卒業生の言葉で心に残ったこと

BSテレ東で毎週日曜に放送されている番組「THE名門校」。
今回の放送は、女子御三家の特集でした。雙葉学園の卒業生おふたりが出演されて、インタビューに答えられていました。

そのインタビューの内容が、今の私の心にぐっとくるものだったので、ちょっと記録に残したいと思います。


雙葉学園に入って特によかったことは、という質問では、お二人とも友人関係を挙げられていました。

やっぱり、友人です。さまざまなライフステージの中で、それぞれが自分の立場で一生懸命活躍している友人たちとは、いまでも価値観も似ていますし……いろんな悩みを共有して、ともに育ってきているという時間があります。
何物にもかえがたいものかなと思います。

私もやっぱり友人関係です。友達という枠でとらえていいのかというぐらい、濃い時間をすごした……一緒に育ってきた幼なじみがたくさんいるということは、ほんとうに財産で、仕事していたりしていなかったり、みんな違うんですけれども、いい意味で、ちゃんと時の流れや状況に身を任せて、生き生きと自分のステージを楽しんでいる人たちが多いので、会えばすごく刺激を受けます。

個人的な考えですが、女性は男性と比べて、人生の選択をする機会が多いと思っています。
結婚するのか、しないのか。
結婚するとき、仕事を辞めるのか、それとも続けるのか。
出産するのか、しないのか。
出産する場合は、仕事を辞めるのか、続けるのか。続ける場合はフルタイムにするのか、時短にするのか……。

その選択の繰り返しによって、同じように年齢を重ねていても、女性はさまざまな立ち位置にいます。

私も、卒業生の方がおっしゃるように「いい意味で、ちゃんと時の流れや状況に身を任せて、生き生きと自分のステージを楽しんで」いけたらと思います。

そして、人生の岐路にたったとき、同じような価値観を持ちながら、どんな道に進んでも応援してくれる友人が、子供のそばにもいてくれたらいいなと思いました。