君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【レゴデュプロ】ブロックで迷路を作って遊びました

f:id:lily03:20180728232034j:plain

ブログを読んでくださっている方はお気づきかもしれませんが、とにかく夏休み暇すぎて、遊びをひねり出す日々です。

この日はレゴデュプロで迷路を作って、息子と遊んでみました。迷路を作ったのは息子ではなく私です。


作り方はご想像のとおり、基礎板にブロックを配置して迷路にするだけです。

f:id:lily03:20180728232136j:plain

でも迷路になるように作るのが、意外と頭を使って難しかったです。スタートは右下のドナルドがいるところで、ゴールは左下のブドウがある位置です。

写真のように橋を作って高さを出すと、より複雑な迷路にできます。空間認知能力も上がっていいと思います。



15分くらいかけて一生懸命作った迷路を息子にやらせてみると、すぐにクリアされてしまいました。

息子から「次の迷路作って!」と言われたとき、ちゃぶ台ならぬ基礎板をひっくり返したくなりました。。。



ゴールするたびに新しい迷路を作っていられないので、何とかしたいと思って考えついたのが、スタンプラリー方式。

迷路のルートはほぼいじらずに、お花のブロックをいろんなところに置いたんです。

f:id:lily03:20180728232149j:plain

すべてのお花ブロックが写っていませんが、全部で10個ほど置きました。

「お花ブロックを全部集めてからゴールまで行ってね、全部で10個あるよ」と言うと息子は喜んでやってくれました。



明らかに怪しい棚を置いたりして。

f:id:lily03:20180728232157j:plain



中にはお花ブロックが入っています。

f:id:lily03:20180728232205j:plain




死角になる位置に、基礎板と同じ緑のお花ブロックを置くと、見つけられにくいのでおすすめです。

f:id:lily03:20180728232211j:plain


この方式だと、お花を隠す場所を変えるだけでいいので、何度も繰り返し遊べました。迷路のクリアにかかる時間も1分から5分くらいに延びました。

3歳の息子が一人で迷路をつくるのはまだ難しいですが、迷路上にお花を隠すことはできるので、一回ずつ役割を交代しながら楽しむこともできました。

お花ブロックがない場合でも、粘土でボールを作ったりすればできそうです。


夏休みはあと一ヶ月もあります。長いわ。
同じ立場のお母さまがた、がんばりましょー




★7月20日の記事で、「レゴデュプロの基礎板(定価2,052円)が、amazonで1,229円まで下がっている」と書きました。現在amazonで在庫切れを起こしていて、7月30日の時点で定価より値上がりしています。購入される際はご注意ください。

★こちらの「おおきなこうえん」は、amazonで現在47%OFFです。