君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

筆圧が強くても、よく消せる消しゴム

f:id:lily03:20200627073857j:plain

息子5歳、公文を学習中なので、毎日のように消しゴムを使います。

息子が愛用している消しゴムは、「ippo! 濃いえんぴつ用」です。
「濃いえんぴつ用」とあるとおり、4Bの鉛筆で書いた文字も、軽い力で消せます。
MONO消しゴムと比べると、半分くらいの力で消せます。

amazonにもあるのですが、3個パックしか取り扱いがないようです。1個100円くらいだったような。
書店や文具店がお近くにある方はそちらで買って、お試しされるといいかも。


最近の文具の進化に驚いたのですが、スティック型の消しゴムも販売されています。

一つ買って試してみました。
でも不器用な息子が使うと、消しゴム部分がぐにっと曲がってしまってダメでした。
大人が使う消しゴムとしてはとても使いやすいです。一文字だけ消せてとても便利です。


子供に消しゴムを使わせるか否か

私の意見としては、幼稚園年中くらいの子供には消しゴムを使わせなくてもいいと思います。間違った部分は、親が消しゴムで消してあげてもいいんじゃないでしょうか。

だって、子供が消しゴムを使うのってすごく難しいんです。
子供に消しゴムを使わせた結果、ほかの文字まで消しちゃったりして、子供がいやな気持ちになってしまう前に、親がさっと消してあげてもいいと思います。

ただ、親が消すにしても、濃い鉛筆で書かれた文字を消すにはけっこう大変なので、消しやすい消しゴムがあると便利です。

女の子用にピンクもあります。