君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

おすすめの育児マンガ2つ

育児の息抜きに、よく本を読んでいます。

昔は育児書を読んでいましたが、最近はもっと気軽に読める育児マンガを読むことが多いです。今はコミックエッセイと言ったほうがいいのかしら。

今日は最近読んだおすすめの本を2つほどご紹介したいと思います。


「伝説のお母さん」

まず一つ目がこちら。かねもとさんのブログ「いっぱいかあさん」で連載されていた「伝説のお母さん」です。

伝説の一行が封印したはずの魔王が復活…しかし、そのなかの1人である「伝説の魔法使い」は赤ちゃんを抱えるお母さんになっていた!
城下町は保活の激戦区!我が子は待機児童!非協力的な夫!

母親とはどうあるべきか。女の一生とは。ファンタジーの世界の人間も苦悩する、結婚と出産、そして仕事。数々の壁にぶつかりながら、果たして彼女は旅立てるのか?
(amazonより引用)

笑いながら楽しく読めるのですが、扱っているテーマがすごく深いです。
人によって印象に残るところは違うと思うのですが、私が一番ぐっときた場面はこちら。

魔王が復活したから討伐に出てくれないかと、お城の人が主人公に依頼しにきました。彼は、子どもを産んでもまったく衰えていない彼女の能力を褒め、家で眠らせておくにはもったいない力だ、と言うんです。

昔はバリバリ仕事をしていて、今は家庭に入っている母親なら、うう……っと心が揺らされるシーンだと思います。

でも魔王討伐に協力したいと夫に相談しても、子供はどうするんだ、お前が行かなくてもいいだろうと一蹴されます。

さて彼女は無事に旅に出られるのか? 気になった方はぜひ読んでみてください。


ちなみに、作者の方のブログで1話~13話(完結)まで読めます。
www.ippaikaasan.com

上のブログで読めるのはWEB公開時のもので、書籍版とはセリフや絵が異なります。

書籍版はkindle unlimitedに含まれているので、私はkindleアプリで読みました。書籍の方には描きおろしの勇者と魔王のおまけマンガが付いています。魔王の保育園がどんなところだったか描かれているので、気になった方は書籍版おすすめです。

詳しい書籍情報については、作者の方のブログに書かれています。

www.ippaikaasan.com



「ナイフみたいにとがってら」

2つめがこちら。月野まるさんの「ナイフみたいにとがってら 反抗期男子観察日記 」です。

ドSな俺様長男×天然小悪魔な次男の、かわい生意気な反抗期デイズ!

小さくてかわいかったのは、遠い過去。
気づけば我が家の兄弟は、
おそろしくも愉快な反抗期の真っただ中。
こんな毎日が懐かしく思える日が
いつか来るのかな…?

アメブロで投稿され、瞬く間にランキング上位に!
時にドキッ、時にキュンなリアル兄弟の日常コメディーが
ブログファンも嬉しい、豪華ほぼ描き下ろしで初書籍化!
(amazonより引用)

こちらは反抗期の兄弟をテーマにしたコミックです。現在男の子を子育て中の方におすすめ。

今、私の息子は幼稚園児で、やることなすことかわいいです。大きくなったらどうなるのか想像がつきませんでしたが、この本を読んで、なんとなくイメージがつかめました。

かわいい時期はあっと言う間に過ぎ去ってしまうから、もっともっと今の息子を抱きしめておこうと思いました。そして将来息子が反抗期を迎えたら、「あるある~」と言いながらこの本を再読したいです。


元になったブログがこちらです。
ameblo.jp


↓このあたりの記事が、反抗期男子の特徴がわかりやすいです。
ameblo.jp



他におすすめの育児マンガ、コミックエッセイなどありましたら、ぜひ教えてください~。