君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【カンドゥー】4歳5ヶ月の子が体験したお仕事7つ!

f:id:lily03:20190313105922j:plain

キッザニアが大好きな息子、今度はカンドゥーにもチャレンジしてみました。

カンドゥーというのは、イオンモール幕張新都心の中にある職業体験施設です。キッザニアと同様、小さい子がいろんな職業を体験してお給料をもらうことができます。

4歳5ヶ月の子が体験したお仕事は、全部で7つ。

どんなお仕事をしたかレポートしていきます!


銀だこ職人(所要時間40分)

一番最初に体験したのは、銀だこ職人。たこやき作りです。

f:id:lily03:20190313110108j:plain



エプロンと帽子をかぶって、たこ焼き器で作っていきます。
油跳ねがしないように、たこ焼き器と子供との間に、アクリル板が設置してあります。

f:id:lily03:20190313110253j:plain:w400



こちらのお仕事では、親の手伝いが求められます。
ある程度手順が進むと親がブースの中に呼ばれて、子供の後ろについてサポートします。

たこ焼きをひっくり返すときに使うのは、先が丸くなった特別な千枚通しです。でも最後に一回だけ、先のとがった千枚通しを使う機会もあります。4才の子がひとりで扱うにはちょっと危ないので、やはり親のサポートがあったほうが安心です。

親がブースの中に入って手伝っている間は、写真・ビデオ撮影不可です。手伝っていない人はブースの外から写真を撮れますが、親の後ろ姿でほぼ見えないので、体験中の姿を写真に残すのは難しいです。

たこ焼きの中に入れるのは、紅しょうが、ねぎ、天かすです。苦手な食品があっても抜くことはできません。銀だこのレシピにしたがって作っていきます。



できあがりはこんな感じ。4個作りました。

f:id:lily03:20190313110259j:plain

自分で作ったたこ焼き、とってもおいしかったみたいです。割ったときに中からタコが出てきたら「これ、ぼくが入れたタコだ」と言って喜んでいました。


おしごとアドバイザー(所要時間15分)

次に予約したお仕事まで中途半端に時間が空いたので、所要時間が短い「おしごとアドバイザー」を体験しました。

制服はこんな感じ。

f:id:lily03:20190313110525j:plain:w400

こちらは、「わくわくおしごとマシーン」を使ってお客様や自分自身の適正を発見するお仕事です。表示された質問に答えていくことで、最終的に自分がどんな職業に向いているか診断してくれます。

こちらのお仕事も、親の出番があります。体験の最後のほうで、親がお客さん役をして、子供に適性検査をしてもらうことになります。

体験中の子供の姿が目の前で見られるので、面白かったです。


YouTuber(所要時間40分)

f:id:lily03:20190313110619j:plain

次に体験したのは、YouTuberです。普段からYouTubeをよく見ている息子、このお仕事をとっても楽しみにしていました。

こちらでは、一人あたり2~3分の動画をとって編集します。その後スタッフの方がYouTubeにアップロードしてくれます。動画は、公開か限定公開(URLを知っている人しか見られない)を選べます。私は限定公開にしました。

動画のネタはこんな感じ。

f:id:lily03:20190314064204j:plain:w400

息子は「箱の中身あてクイズ」がやりたいとのことで、それを選びました。

このお仕事は、密閉された部屋の中に入って行うため、中でどんな撮影をしているのか全くわかりません。気になる~!



ドアから出てきたと思ったら、すぐに編集です。効果音を入れたり、テロップを入れたりします。

f:id:lily03:20190314064816j:plain

でも息子は編集ができないので、すべてスタッフの方にやってもらっていました。

終わったら、QRコードが入った紙をもらえます。それにアクセスすると、息子の動画が見られました!

「こんにちは、〇〇です。今日は、箱の中身はなんだろうなクイズをしたいとおもいます」と言って、用意された箱の中をごそごそ触って、何か当てていました。最後は「ばいばい、また見てね~!」で終わっていました。

いい動画が取れたので、じいじ・ばあばにURLを送って見てもらいました。でも、ばあばからは「よくわからなかった」という感想が(笑) YouTubeを普段見ていなければ、いったい何をしているかよくわかりませんよね。まあ、元気な姿を見せられて良かったです。


モノレール運転士(所要時間30分)

次はモノレール運転士です。

f:id:lily03:20190313111030j:plain:w400

f:id:lily03:20190313062745j:plain:w400

シミュレーターに座って、ブレーキ操作、ドアの開閉などをやります。

このお仕事では、途中で保護者もブースの中に入って子供の様子を見守ることができます。(ブースの中での写真撮影は不可)

スポンサーが千葉都市モノレールなので、シミュレーターの画面に映るのは懸垂型モノレールの線路です。実写の映像を使っており、かなりよくできています。子鉄が喜ぶお仕事だと思います。


銀行員(所要時間15分)

次の体験まで時間が空いたので、サクッと終われる銀行員のお仕事をしました。

f:id:lily03:20190313110925j:plain

口座開設の申し込みを受け付けるという設定です。一緒にお仕事をしていた女の子と交代で、お客さんと銀行員役をやりました。4歳だとちょっと難しい内容だったかも。


魔法使い(所要時間40分)

こちらは、「ねるねるねるね」を作る魔法使いのお仕事です。

f:id:lily03:20190313110850j:plain



制服がとってもかわいいのでおすすめ。
(息子は男の子だけどピンクが好き。制服の色は選べます)

f:id:lily03:20190313110722j:plain:w400



小さい子が魔法使いの服を着て、みんなで作業している様子はとても愛らしいです。

f:id:lily03:20190313110732j:plain



こちらが、息子が作ったねるねるねるね。

f:id:lily03:20190313110858j:plain

市販のものと違って、トッピングがいろいろ選べたそうです。

お土産用にも非売品のねるねるねるねが一袋もらえました。


警察官(所要時間30分)

最後は警察官です。

f:id:lily03:20190313110709j:plain:w400



このお仕事はかなり特殊です。「アタッシュケースを探せ」という指令が与えられて、各自トランシーバーを持って、館内を捜査します。

f:id:lily03:20190313110703j:plain

だれかがアタッシュケースを見つけたら、トランシーバーに連絡が入ります。場所を教えてくれるので、そこに急行します。



何度か空振りをしたのですが、最終的に犯人に行きつくことができました。

f:id:lily03:20190313110716j:plain:w400

明らかに怪しい人です。

みんなで警察署に連行して、牢屋に入れて、お仕事終了です。


以上、滞在時間4時間半で、7つのお仕事を体験することができました! 4歳5ヶ月の息子が体験して、一番楽しかったのはモノレール運転士だったそうです。そして、一番ドキドキして緊張したのは警察官だったそうです。


キッザニアとカンドゥー、どちらがおすすめか

キッザニアには行ったことがありましたが、カンドゥーは初めてでした。行って驚いたのが、人の少なさですね。

f:id:lily03:20190313110833j:plain

土曜日の第二部に行ったところ、キッザニアの三分の一以下のお客さんしかいませんでした。空いているので息子がやりたいと言っていたお仕事がすべてできました。

テーブルもたくさんあるので、好きなところを使えます。荷物も置けますし、キッザニアのように食事場所に困ることもありません。初めのころは各グループで使用できるテーブルと椅子の場所が指定されていたようですが、私が行ったときは、好きなテーブルを自由に使っていいことになっていました。

ただしカンドゥーの仕事の種類は34種類のみです(キッザニアは100種類以上)。カンドゥーを何度かリピートすると、ほぼすべての仕事を体験してしまい、飽きてしまうかもしれません。

親はカンドゥーの方が楽でした。バスや消防車などの乗り物がないのでうるさくないし、椅子に座って待てるし、お仕事の予約も取りやすいためです。もっと近ければなあ、と思います。

息子はキッザニアとカンドゥー、どちらも楽しかったそうです。良かった良かった。キッザニアにもカンドゥーにも、また機会を見つけて出かけたいと思います。


★キッザニアに関する記事はこちら
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net