君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

空手をはじめて2ヶ月が経ちました

スバル、空手を始めて2ヶ月が経ちました。

まだ始めたばかりなので、気を抜くと基本的なところがおろそかになります。そのたびに指摘を受けています。

・構えるとき、拳を顔の横に持ってくる
・構えるとき、腰を落として膝を曲げる
・蹴りの際は膝から下を素早く動かす……などなど。

でも、これまで「空手行きたくない」という言葉は聞いたことがありません。お友だち効果ってすごいですね。



息子はなにかつらいことがあったとき、他の人よりも大きくダメージを受けてしまうタイプです。心をすぐに鍛えるのは難しいので、空手で体を強くして、それに引っ張られるように心にも鎧ができたらいいなーと思っています。



空手中、親は会場の隅で見学しています。

みんなで一斉に正拳突きの練習をするとき、腕の振りに合わせて、風を切る小気味いい音がするんです。

f:id:lily03:20210111075040j:plain
正拳突きのイメージ

でも洋服を着て正拳突きをしても、この音はしません。厚手の綿の空手着だからこそ出る音です。いままで私のまわりには存在しなかった音です。

これを擬音語で表すとどうなるかな……って見学しながらずっと考えていました。


バシッ!じゃないし、シャッ!でもないし……


しばらくして、思いつきました。



分かった。
シュバッ! だ

シュバッ!
シュバッ!

という壮快なSEを聞きながら、毎回見学しています。