君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

×0の教え方

f:id:lily03:20190803035331j:plain

そろタッチではカリキュラムに九九が組み込まれています。
助けになればと、ちびむすドリルさんの九九表を壁に貼りました。

happylilac.net

九九の言い方つきで便利です。


この九九の表、2~9の段しか載っていません。

表を見たスバルから、「なんで2の段からなの。1の段はないの?」と聞かれました。

「1×1は?」とスバルに聞くと「1」、「1×3は?」と聞くと3と答えました。「数字が変わらないから、必要ないよね」と言うと、わかってくれました。

スバルからの次の質問はこちら。

「0の段はないの?」

なのでスバルに聞いてみました。


1×0は何だと思う?


1

やっぱりそうなるよね、と思ったので、×0の概念を説明しました。

この説明で、食いしん坊なスバルは分かってくれたので、いつかどなたかのお役に立てばいいなと思って、書いておきます~。

説明に使ったのは、息子の大好きなアイス、雪見だいふくです。
食べたあとに使うとより分かりやすいです。

n×0


雪見だいふく1パックに、何個アイスが入ってる?


2個


じゃあ、3パック、スバルにあげるとする。
全部で何個食べられる?


6個


どうやって計算したの?


にさん(2×3)が6だから


そうだね。
じゃあ、5パックあげたとしたら、
全部で何個食べられる?


10個


じゃあ、今度は0パックあげる。
はい。
(何もないものを渡すふり)
全部で何個食べられる?


え? 0だよね?
0個?


そうだよ。
じゃあ次。
(大きなパックのジェスチャー)
この雪見だいふくには、10個も入っているよ。
これを、スバルに0パックあげるね。
はい。
(何もないものを渡すふり)
全部で何個食べられる?


…0個


100個入りの雪見だいふくがあるよ。
スバルに0パックあげるね。
はい。
(何もないものを渡すふり)
全部で何個食べられる?


0個!


そうだね。0個だね
0をかけたらなんでも0だよ
だから表に書かなくてもわかるよ


0×n


ここに雪見だいふくがあるよ。
全部食べちゃった。
空だよ。
これを1パックスバルにあげるね。
全部で何個食べられる?


入ってないから、
0個だよ


食べちゃったあとで、
0個しか入っていないのでよければ、
好きなだけあげる。
何パック欲しい?


えー。
でも空なんでしょ。
100って言ったらくれるの?


じゃあ、0個しか入っていないけど、
100パックあげるよ。
(渡すふり)
全部で何個食べられる?


…0個


そうだね。
わかってきたかな。
0に何をかけても0になるんだよ。


そっかー


現在の九九表

息子はひととおり九九を覚えました(が、ランダムで出すと7×4と8×6は怪しいです)。
ついでに11×11や22×22も覚えてもらおうと、我が家のリビングの九九表はこんな感じになっています。賃貸なのでマステで貼っています。

f:id:lily03:20190803040533j:plain

これを覚えた後は、11の段とか、12の段とかを作って覚えてもいいなーと思います。文系の私も覚えていないので、どちらが先にマスターできるか、スバルと競争しながらやってみます。


暗記から入った九九

九九は暗記から入ったので、普段の生活でクイズを出しながら、こういうときに掛け算を使うといいよと教えています。

たとえば、オセロをするときに、「全部で何個マスがあると思う? いちいち数えなくても簡単に計算できるよ。盤がタテ8、ヨコ8だから、掛け算してごらん」とか。
「5円のお菓子を8人分買ったらいくらになるかな?」
「山手線は、駅から別の駅まで2分ぐらいだよ。5駅先に行くから、何分ぐらいかかると思う?」など。

息子はクイズ感覚で答えてくれます。
九九を覚えたことで、一気に世界が広がって楽しいようです。

今までだったら、いちいち足し算しなければいけなかったのに、掛け算で簡単に答えが出せる。
頭の中に電卓を手に入れた感じでしょうか。
スバルは「わかった!」と言っては喜んでいます。