君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

レゴで作る! クリスマスツリーのオーナメントのアイデア(大人編)

f:id:lily03:20181120122715j:plain

レゴ好きな息子と私は、クリスマスオーナメントをレゴで手作りしています。

前回は息子の作品をご紹介したので、今回は私が作った分です。

シンプルな材料で簡単にできるものから、ちょっと凝ったものまであります。もし気に入ったものがありましたら、ぜひ作ってみてください~。

記事の最後に、レゴのオーナメントをつけたクリスマスツリーの写真も載せています。


レゴでオーナメントを作るときに必要なもの

(前回の記事でも書きましたが)作品を紹介する前に、レゴでオーナメントを作るときに必要なものを紹介します。

レゴ作品をツリーに実際に飾れるようにするには、穴の開いたパーツが必要です。

f:id:lily03:20181120062305j:plain

こういうパーツを付けることで、ひもやリボンが通せるようになります。



カラフルなひもやリボンを通すと華やかになりますが、もっと手軽に作りたいときは、ワイヤーを使う手もあります。

f:id:lily03:20171118011424j:plain

パーツの穴にワイヤーを通してツリーの葉っぱにねじるように留めると、いちいち紐を結ばなくてよくなります。手芸店のビーズコーナーにありました。セールになっていて、100円くらいでした。10mあるので一巻あれば足りると思います。


では、実際に作ったものを紹介していきます~。


No.1

f:id:lily03:20181120123136j:plain

これは息子のアイデアをそのままもらったものです。

ある程度の大きさのプレートに、タイルプレートをひたすらはめ込むだけなので、簡単です。一分ぐらいで、オーナメントの出来上がり!


No.2

f:id:lily03:20181120123256j:plain:w400

これも簡単にできておすすめです。

まずは6ポッチのプレート4枚をスタッド付きのタイルで留めます。

f:id:lily03:20181120124427j:plain

スタッドタイルを使うのがポイントです。そうすると、4ポッチのプレートを斜めに留めることができるようになります。アクセントになっていいですよ。長さや色はお好みで。


No.3

f:id:lily03:20181120124809j:plain:w400

丸タイルプレート(2×2)を使って、お花を作ってみました。丸タイルがあればすぐにできます。


No.4

f:id:lily03:20181120124925j:plain:w400

こういうのも作ってみました。

No.2でもご紹介したスタッドタイルを使い、その上にお花ブロックを付けています。


No.5

f:id:lily03:20181120125145j:plain:w400

網になったパーツを、適当に配置してみました。使う色を抑えると大人っぽくなりました。

この網のパーツは、電車とかシティ系の建物によく入っています。


No.6

f:id:lily03:20181120130313j:plain

リボンです。

中央に使ったクモの巣みたいなブロックは、「レゴクラシック 黄色のアイデアボックス プラス」に入っていました。


No.7

f:id:lily03:20181120125446j:plain

クリスマスっぽいのも作ってみました。中身が空洞でないので、ずっしりと重たくなりました。


No.8

好きなミニフィグやドールがあれば、そのままオーナメントになります。

f:id:lily03:20181120125704j:plain


No.9

f:id:lily03:20181120125754j:plain

こちらは息子が好きな「とうもろこし男」を使ったもの。


横から見るとこんな感じです。

f:id:lily03:20181120125909j:plain

2面スタッドブロックを使って、その上に2×2のプレートを乗せれば、縦方向にミニフィグを飾ることができます。


No.10

f:id:lily03:20181120130250j:plain:w400

これは私の大好きな、ジンジャーブレッドマンのミニフィグを使って作ったオーナメントです。

お菓子の家部分は、2017年のアドベントカレンダーに入っていたパーツを利用しています。

f:id:lily03:20171223022111j:plain


No.11

f:id:lily03:20181120131227j:plain:w400

これは、2017年のクリスマスキットに入っていたクリスマスツリーです。

作り方は、レゴの説明書ページにアクセスして、セットの番号「40263」を入れれば出てきます。

検索 - 組み立て説明書 - service LEGO.com


No.12

f:id:lily03:20181120131746j:plain

これは私が一番時間をかけて作ったオリジナルのオーナメントです。
クリスマスプレゼントを配るサンタさんをイメージしてみました。


サンタさんを斜めに配置するには、2×2のブロックの上に、1ポッチのブロックを乗せて斜めにして、その上にサンタそりを乗せれば大丈夫です。背景と似た色であれば同化して見えなくなります。

f:id:lily03:20181120131753j:plain

サンタクロースのミニフィグは、毎年シティ系のアドベントカレンダーに入っています。


現在のクリスマスツリー

f:id:lily03:20181120132157j:plain:w400

こんな感じになりました! 隣にはレゴデュプロで作ったツリーも。

ツリートップの帽子はダイソーで100円で購入しました。リボンは去年の使いまわしです。あとのオーナメントはすべてレゴです。

レゴがカラフルなので、おしゃれというよりは、子供部屋のツリーっぽくなりました。オーナメントが息子と私の手作りなので、より一層クリスマスツリーに愛着がわきます。

スペースが空いているところに、フレンズのアドベントカレンダーで出たオーナメントを飾り付けていく予定です。


ちなみに我が家のツリーはこちらです。

スリムタイプの150cmです。枝が床近くまで来ています。スカスカ感がなく、色も落ち着いたグリーンです。一つだけ難点を上げると、枝が前下がりなので、ひもでつるすタイプのオーナメントはちょっと付けにくいです。それでも高級感があって美しく、お気に入りのツリーです♪



★クリスマス関連記事
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net
main.lilyblog.net