君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

公文算数、Bの終了テストに不合格で足し算まで戻された話。

息子は公文算数のB教材に入って、かなり苦戦を続けてきました。

8月6日にB1をスタートさせ、9月下旬に、B145でいったん公文算数を辞めています。

そろタッチで引き算が上手にできるようになったので、3ヶ月後の1月に再開。その時はB121、つまり引き算の最初まで戻ってリスタートしました。それから頑張って、B200までのプリントを終えました。
息子自身も「引き算できるようになった!」と言っていましたし、ミスも減っており、引き算は定着したと思っていたのですが。。。

Bの終了テストを受けたところ、70点だったそうです。
中でも一番間違いが多かったのが、3桁の引き算だったそうです。。。



引き算は定着したと思っていましたが、
テストの結果を見るに、
そうではなかったということですね。。。


そろタッチでは順調にステージが進んでいるので、ケアレスミスが多いのかもしれません。でもケアレスミスが起こるのは、正確にすばやく答えを出せる域まで定着しきっていないからと言えます。


それで、先生の判断で、もう一度足し算まで戻ることになりました(!)
息子が宿題としてもらって帰ってきたのは、B51(2桁の足し算)でした。

先生からは「もう一度Bを繰り返して、定着具合を見ながら、3月上旬か中旬にもう一度終了テストを受けてもらいます」との説明がありました。

先生は個別に息子にも同様の内容を説明してくれていたようです。息子からも「テストは来月にまた受けるって」という報告がありました。



足し算まで戻されると聞き、親の私は心の中でショックを受けましたが、先生の判断を信じてついていきたいと思います。

公文に通っておらず、自宅学習で計算問題をさせていたとしたら、おそらく「引き算OK!」と判断してそのまま先に進ませていたと思います。親だとどうしても甘くなります。他人の目があって、テストなどで客観的に判断してくれるのはいいことです。



当の息子は「プリントが簡単になった。テスト頑張る」と言っています。
息子がへこたれないのには理由があります。



オブジェが欲しい!


その一心です。

オブジェとは、3月末時点で3学年先の学習をしていたらもらえる公文のトロフィーです。
息子の場合、3月末までにBの終了テストに合格すれば、オブジェがもらえます。

ちなみに息子の初詣の願い事は「オブジェがもらえますように」でした。

公文のオブジェって、幼い子にもこれほど強い学習動機を植え付ける、すごいアイテムです。

教室にはオレンジのオブジェが飾ってあるらしく、息子はずっと欲しがっていました。オレンジは国語なので、息子がもらえるとしたら青なんですけどね。


昨日も息子は足し算を解いていました。私は「前にやったときより早く解けるようになってるね。それに間違いも減っているね。すごい!」と声をかけて、やる気を保持するようにしています。



B教材のクリアに、これほど時間がかかるとは思いませんでした。
8月上旬にスタートして、途中で3ヶ月のお休みをしましたから、実際に取り組んでいるのは4ヶ月間です。4ヶ月ずっと、B教材から先へ進めずにいます。
息子の願いが叶うよう、私は隣で応援していきたいです。

息子と同じように算数B教材に苦戦しているお子さんをお持ちのお母さんが、いつかこのページにたどり着くかもしれません。
我が家も同じです!
応援がんばりましょう~!


【年中 5歳5ヶ月】