君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

七五三で明治神宮に行ってきました。記念メダルがもらえたよ

f:id:lily03:20191107005601j:plain

スバルの七五三で、明治神宮に行ってきました。
GWに和装で前撮りを済ませていたので、洋装で祈願を受けてきました。

明治神宮で七五三詣でをすると、以下の授与品がもらえます。
記念になっていいですよ~。

・記念メダル
・お守り

f:id:lily03:20191107005549j:plain:w400

記念メダル、かっこいいです!
これを首からかけて写真を撮るとすごく映えました。
七五三の記念としても残せます。
ただし、年度や名前などは入っていません。

・千歳飴(3本)
・名入りのお札(初穂料10,000円以上~。初穂料5,000円だとお札なし)

・特別な絵馬
葉っぱの形をしています。境内に設けられた場所でマジックをつかって願い事を書きます。

f:id:lily03:20191107011502j:plain

その後、記事のトップに載せた写真の場所に飾ります。

・おもちゃ
祈願がおわったあと、外の会場で、好きなおもちゃを一つ選ばせてくれます。
子供もニコニコです。

f:id:lily03:20191107010323j:plain

f:id:lily03:20191107010320j:plain

明治神宮で七五三のご祈願を受けられていた方の服装ですが、和装のお子さんが多かったです。私の体感ですが、女児は8割くらい、男児は5割くらいでしょうか。
明治神宮は海外の観光客も多いので、和装のお子さんたちは大人気!
写真を求められている姿をよく見かけました。

祈願にかかる時間は、だいたい20分くらいです。
厄除け祈願同様、住所の一部と子供の名前を読み上げてくれます。
スバルも、自分の名前が読み上げられたときに「あっ」という顔をして、こちらを見てきました。

祈願中、何度か頭を下げる場面があります。
「お直りください」という言葉の意味をあらかじめ子供に教えておくといいかも。

あと、祈願中に出てきた「「おはらい」という言葉の意味をスバルから聞かれたので、「悪いことや悪いものを取り除くことだよ」と伝えました。今明鏡国語辞典で「おはらい」という語を引いてみたら、「災厄を除くために神社で行う儀式」とありました。「神社で行う儀式」という意味も含めて教えてあげたほうがよかったと思いました。

祈願では巫女さんたちの舞も見られます。でも大人ばかりの場所では見づらく、スバルも小さい声で「見えない…」と言っていました。

1月の厄除け祈願に行った際は、大人ばかりで静かでしたが、七五三期間中だと9割が家族連れで賑やかでした。


七五三後の食事

七五三詣でが終わったあとは、新宿のヒルトンホテルの「十二颯」というお店で食事をしました。

かしこまった場所でビュッフェでない食事をする場合、「子供用の食事をどうしよう?」問題が発生するわけですが、こちらのお店では「お子様御膳」があったので安心でした。事前予約が必要です。

お子様御膳はこちら。
スバルも喜んで食べていました。

f:id:lily03:20191107013608j:plain


ただ実際に行ってみて思いましたが、こちらのお店はカウンター席が多くテーブル席が少なかったので、子連れはちょっと利用しづらいかも。。。子供椅子もありましたし、店員さんもいろいろと気にかけてくださいましたが、少し肩身が狭かったです。大人用のお寿司は本当においしかったので、また子供抜きで行きたいお店です。



他に候補に挙げていた、子供用メニューの提供があるレストランはこちらです。

新宿パークハイアットの「ジランドール」にはファミリープランがあり、1組につき一人分、お子様用プレートが付きます。
ジランドール パーク ハイアット 東京 - 西新宿/フランス料理 [一休.comレストラン]ジランドール パーク ハイアット 東京 - 西新宿/フランス料理 [一休.comレストラン]

恵比寿ウェスティンホテルの「舞」の「おすすめ懐石コース」では、オプションでお子様御膳がつけられます。
日本料理 舞 (にほんりょうり まい) - ウェスティンホテル東京/日本料理 [一休.comレストラン]



七五三を終えて

七五三というイベントを無事終えられて、ほっとしました。

私自身、自分の七五三のことはよく覚えていませんが……精いっぱいおめかしした姿がたくさん写真に残っていて、大人になった今見返すと、くすぐったいような気持ちになります。きっと父も母も成長を喜んでくれて、カメラを片手に、何枚も写真を撮りながらその日を過ごしたんだろうなあと。

息子もおそらくこの日のことは覚えていないでしょうが、写真を見て、何か感じるものがあるといいなあ。


★前撮りに行った際の記事はこちら
main.lilyblog.net