君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

資格の学校に通い始めて一ヶ月。

f:id:lily03:20181102042231j:plain

資格の学校に週2で通い始めて、一ヶ月が経ちました。

勉強は大変ですが、楽しいです。

毎日のように知識がふえ、新しい世界が広がっていきます。知的好奇心がどんどん満たされていくこの感覚は久しぶりです。

ただ、息子はやっぱり、週2で延長保育に預けられる今の状況をあまり気に入っていないようです。

最初は前向きに頑張っていましたが、最近は「もっとお迎えを早くしてほしい」「延長保育に行きたくない」と言ってきます。幼稚園は14時になるとほとんどの子が帰宅するので、自分だけ残されるような寂しさがあるようです。

でも預けられている子の中には「もっと幼稚園で遊びたいから、延長保育の日は嬉しい! 延長保育だとおやつも出るし!」と言う子もいるようです。こればっかりは子供の性格によりますよね。息子は幼稚園よりも家のほうが好きなタイプです。

だから延長保育に行った日の息子は、普段よりも疲れています。いつもは天使な息子ですが、この日は癇癪を起こしやすいし、普段よりもワガママを言います。

一方、私もその日は学校で疲れています。授業中は頻繁に当てられるので気が抜けないし、グループワークもあります。小テストに備えて、予習や復習も真面目にしています。だから学校がある日はぐったりです。そのため、いつもなら聞いてあげるワガママを許せなかったり、ちょっとしたことで過剰に怒ってしまったりします。

子供も私も疲れているから、お互い余裕がなくて、衝突しやすい。負の連鎖です。

たとえば先日はこんなことがありました。

学校が終わってからそのままお迎えに行って、自転車をマンションの駐輪場にとめて、息子をチャイルドシートから下ろした時。息子にリュックや水筒などの荷物を持たせようとしたら、「全部ママが持って」と言うわけです。延長保育でさみしかった分、母親に甘えてワガママを言っているんだと思います。

でも私にはそのワガママを聞いてあげる余裕がなくて。学校がある日は電車に乗っている時間が長くてクタクタ。教科書やファイルが入った自分の荷物だって重いです。だから「自分の荷物は自分で持ちなさい」ときつめに言ってしまいました。

息子はそれを聞いてもっと頑なな態度になり、リュックや水筒を駐輪場に置いたままエントランスに駆け出してしまいました。私は「待ちなさい!」と怒って、両手にたくさんの荷物を持って追いかける……そんな日がありました。

私はたった週2ですが、毎日フルタイムで働くママさんはもっと大変でしょうね。

学校に通うことを決めたのは私なので、その疲れを息子にぶつけないように気を付けたいです。延長保育があった日は、普段よりも広い心で息子を受け止めてあげられるようにしたいです。