君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【修正あり】そろばんっ子が、苦手な4桁×1桁の計算をするとき

f:id:lily03:20201126132619j:plain

※(追記)計算結果に誤りがあったので、修正しています。恥ずかしい~! みなさま、呆れられたことと思いますが、これに懲りずにどうぞよろしくお願いいたします……


以前、「そろばん方式では大きい桁の掛け算が難しい」という内容の記事を書きました。本日はその続報です。

息子、3桁×1桁はそろばん方式で解けるようになりました。でも4桁×1桁については、今までのそろばん方式だとお手上げだったので、2つの工夫をしました。そのおかげで正解率が上がりました。

どんな工夫をしたのか、書きたいと思います。


4桁×1桁を解くときの工夫


一つ一つ、計算結果を書いていく

一つ目の工夫です。

そろばん方式で暗算する場合、頭の中で計算を終え、大きい桁から一気に答えを書きます。
でも4桁×1桁の場合、息子はずっと珠の位置を覚えていられません。そのため、一回ずつ計算結果を書くようにしました。



桁に線を入れる

二つ目の工夫です。
計算結果を違う桁に足してしまう間違いが頻発していたので、線を引いて分かりやすくしました。


現在の息子、4桁×1桁を解くときはこんな感じです。
計算過程を再現してみました。

f:id:lily03:20201127130929j:plain:w200

最後に汚くなったところをすべて消しゴムで消して、答えを書き直して終わりです。

息子はまだ未就学児で、たっぷり時間があります。完璧を求めず、ひとまずはこれで応急処置としたいと思います。


公文では、繰り上がりの数を書くことは避けるよう指導されています。そのためこの方法は公文のルールに反していますが、大目に見ていただいています。(息子がこの方法を取るのは、4桁×1桁の計算のみです)


やはりそろばんでは大きい桁の掛け算は難しい

計算過程を見てお気づきかと思いますが……大きい桁から計算していくそろばんの方法は、普通に計算するより難しくなります。


小さい方から計算したほうが楽なんじゃ……?

そろばんを習っていない私は、そんな風に思ってしまいます。

掛け算については、そろばんのやり方のままでいいのか、不安です。でも掛け算以外(足し算、引き算、割り算)については大いにそろばんの恩恵を得ているため、悩ましいです。