君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

小学生になるので、子ども用Suicaを作りました

f:id:lily03:20210322073730p:plain

スバルは4月から小学生です。
小学生になったら、電車料金がかかるようになるんですよね。
ということで、息子用のSuicaを作りました!


子ども用Suicaを作るには


券売機では作れません

生年月日を入力したところでエラーになりました。

みどりの窓口に行って「子ども用Suicaを作りたい」と言うと、小さい記入用紙をもらえます。そこに名前と(親の)電話番号を書いて提出すればOK。

次に、チャージ金額を選びます。私は1500円分チャージ+500円のデポジットで、2000円支払いました。500円のデポジットはSuicaが不要になれば返ってきます。

私は子どもを連れて作りに行きました。作成には、子どもの生年月日を証明できるものが必要です。


保険証で大丈夫でした


子どもの電車料金はどうなる?

結論から先に言うと、原則「大人の半額」です。

「こども」の乗車券、特急券、急行券、指定席券は「おとな」の半額です(5円のは数は切り捨てます)。ただし、半額とならない場合があります。
・グリーン券、グランクラス、寝台券、乗車整理券は「おとな」と同額です。

JR公式サイト「おとなとこども」のページより


4月からはどこに遊びに行くにも、交通費がかかるようになるんですねえ。
でもスバルはSuicaを初めて使うのを楽しみにしています。


早く「ピッ!」ってやりたいな~