君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

付録で「日本旅行ボードゲーム」と「日本旅行かるた」が付いてくる! 小学一年生準備号がお得だった

f:id:lily03:20190202135250j:plain

書店に行って育児書や知育玩具をチェックしていたところ、すごく惹かれるものを見つけました。「入学準備 小学一年生直前号」です。

息子が小学校に入学するのは2年後なんですけど、付録がすごく欲しくなって即購入。今月号には何と、「日本旅行ボードゲーム」と「日本旅行かるた」が付いてくるんです!

「日本旅行ボードゲーム」は、地理の知識+論理的思考力が要求されるすごろくです。日本旅行かるたは47都道府県すべてをカバーしており、いろいろな遊び方ができます。

どちらもここ最近、文化教育(日本地理)を強化している我が家にはぴったりでした。

どんな付録かご紹介します。


日本旅行ボードゲームの遊び方

こちらがボードゲームです。ゲームをやるにあたっては、「日本旅行かるた」も使用します。ボードゲームという名前ですが、ペラペラの紙製です。雑誌の付録ですしね。かるたは厚紙製です。

f:id:lily03:20190203063008j:plain


【ざっくりとした遊び方】
・日本旅行かるたには、47都道府県の名前が書かれています。このかるたを使って、目的地を決めます。

f:id:lily03:20190203070329j:plain

全員にかるたを3枚ずつ配ります。たとえば「ちばけん」「かごしまけん」「ほっかいどう」の3枚が出た人は、その3つの県にすべて行けばゴールです。
ボードゲームの「あそびかた」には、3つの県に「止まったら」と書いてありますが、ぴったり止まるのは難しいので、我が家は通過したらOKにしています。


このボードゲームのいいところ

このボードゲームがいいなと思うのは、論理的思考力が大事になってくるところです。

たとえば、写真のような状況で、山形県を目指すとします。

f:id:lily03:20190203063821j:plain

矢印が二つに分かれているので、二つのルートがあるわけです。どちらに行ったほうがより早く山形県に着けるか考えて、ルートを選ぶ必要があります。まるで、迷路をやりながらすごろくをしているような感じです。



さらにゲームを面白くするのが、「くうこう(空港)」というマスの存在です。途中でこのマスに止まってしまうと、日本旅行かるたから一枚引いて、その県に飛ばされるルールです。今いる場所が目的地から遠い場合は、空港を有利に使うこともできます。

我が家のアレンジルールとしては、空港に止まってかるたから一枚引く際、「かるたを裏向きにしたままなら、行先を自由に選んでいい」としています。

かるたを裏向きにしたら、こんな感じです。

f:id:lily03:20190203064846j:plain

お気づきでしょうか?
県の形が描かれているのを!!

息子は「あそんでまなべる日本地図パズル」という無料アプリで、8割がた県の形を覚えています。なので、たとえば新潟県に行きたかったら、新潟県のすぐ隣の富山県に飛ばされるように、富山県の形をしたかるたを選ぶようにしています。

f:id:lily03:20190203071403j:plain



普通のすごろくだと何度もやれば飽きてしまいますが、このボードゲームは回によって目的地が変わるので新鮮です。地理の知識が身に着きますし、論理的思考力も鍛えられるので、おすすめです。



付属のコマとさいころは、これです。

f:id:lily03:20190203063451j:plain

サイコロは、ドラえもんの鉛筆に紙を巻いて作ります。このキラキラしたドラえもんの鉛筆も「小学一年生準備号」の付録です。コマは厚紙です。

ちょっと使いづらいので、我が家はほかのすごろくについてきたサイコロと、ミニフィグで遊んでいます。

f:id:lily03:20190203063600j:plain


日本旅行かるたもおもしろい

こちらも今号の付録として付いてくる「日本旅行かるた」です。

f:id:lily03:20190203071420j:plain:w400

「さいごうさん めいじをつくった かごしまけん」
「しゃちほこが エビフライのよう あいちけん」
……など、その県の特色を交えたかるたになっています。
名産品に扮したドラちゃんがかわいいです。


一点だけ、すごく惜しいところが。
このかるた、読み札が付いていないんです。

その代わりに、こんな読み札ボードがついてきます。

f:id:lily03:20190203071427j:plain

材質はツルツルしており、ホワイドボードペンで書いて消せるタイプです。なので読みながらチェックする形なんでしょうが、なんともやりづらいです。

私はかるたを切り離す前にコピーして、ラミネートして、切り離しました。

f:id:lily03:20190203072123j:plain

右がラミネート版です。今思えば、かるた本体もラミネートしておけば丈夫になったかも。



我が家が使っているラミネーターはこちらです。


main.lilyblog.net


かるたを使って、「県の形ゲーム」

日本旅行かるたを使って、我が家ではアレンジしたゲームをやっています。「県の形ナンジャモンジャ」です。

かるたを裏向きにして、自分にも見えないように私がすべて持ちます。そして、「はい!」と言いながら一枚場に出します。

f:id:lily03:20190203071403j:plain

これを見て、「富山県!」と一番最初に言えた人が、カードを取れます。誰も分からなかった場合は場に残し、次のカードで言えた人が総取りします。家にナンジャモンジャがあるので、そのルールを真似しました。

県の形が分かったら、瞬発的に言わないといけないので、かなり盛り上がりました。

家族3人でやった結果は、息子34枚、私12枚、夫1枚でした。夫がんばれ(笑) 


まとめ

「入学準備 小学一年生直前号」は、かなりおすすめでした。

・日本旅行ボードゲーム
・日本旅行かるた
・ドラえもんの鉛筆

これだけの付録がついて、800円です。

日本地図に興味を持ち始めたお子さんや、すごろくが好きなお子さんにはいいのではないでしょうか。楽しく知識が身に着きます!


昨年12月に販売されたもののようですが、私はつい最近書店で見かけて購入したので、幼児・子供向け雑誌コーナーを探してみてください。「小学一年生」ではなく、「入学準備 小学一年生直前号」です。amazonにも残り10点ですが在庫ありました。



★文化教育(日本地理)に関する記事
main.lilyblog.net

main.lilyblog.net


★すごろくに関する記事
main.lilyblog.net

main.lilyblog.net

main.lilyblog.net