君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

【随時更新】低身長の息子の成長記録(1才半~4歳3ヶ月まで)

f:id:lily03:20181218061722j:plain

息子の成長記録シリーズ最終回です。本日は、身長についてです。

これまでに何度か触れていますが、息子は1歳半検診の際に低身長で要フォローになり、その後ずっと経過観察をしています。

息子が成長曲線を大きく外れたときは心配しましたが、その後成長するにつれて少しずつ身長が伸びていきました。今は成長曲線の下限ぎりぎりのラインを、右肩上がりで伸びている感じです。現在の状態であれば、治療の必要はないと言われています。


このブログで一番読まれているのが、「【一歳半検診】低身長で引っかかってしまった」という記事なんですよね。おそらく1歳半健診で低身長を指摘され、当時の私と同じように不安になったお母さんたちが、情報を求めて検索で来てくださっているのかなと思います。

「一歳半でこれだけ身長が低かった子でも、こんなふうに成長した」という一つの安心材料として見ていただけたらと思い、成長の様子をまとめてみました。本記事は今後随時更新します。


低身長が治療の対象になるかどうか

まず最初に、どのような状態であれば治療を検討しなければいけないのか、整理しておこうと思います。

私が相談に行った先生からは、こんなふうに言われました。

「身長SD値が「-2.5SD」になった際、もしくは成長が止まった際に、詳しい検査をします。それから、成長ホルモン治療を行うか考えます」

身長SD値とは、同性同年齢の子供の平均値との差です。
この数値は、Pfizer株式会社のサイトで簡単に調べられます。
低身長チェック-情報入力|子どもの低身長と成長障害について考える成長相談室

あと、身長が右肩上がりで伸びているかが重要だと言われました。つまり、たとえ成長曲線をはみ出すくらい身長が大きくても、途中でパタッと成長が止まるとよくないのだそうです。

私は専門家ではなく、また上記のことも一人の先生が言ったことなので、サイトで診断したSD値が低かったり成長が止まっているようであれば、実際に病院で相談したほうが良さそうです。


息子の成長記録

息子が実際にどんなふうに成長していったか、グラフにするとこんな感じです。

f:id:lily03:20181218051746j:plain

1歳半健診のところ、大きく成長曲線を外れているのがお分かりいただけるでしょうか。その後ちょっとずつ成長曲線に近づき、今は下限ぎりぎりのところを、右肩上がりで伸びています。



月齢ごとの身長とSD値は以下の通りです。

月齢 身長 SD
0歳0ヶ月 49.5cm
0歳8ヶ月 66.0cm
1歳0ヶ月 70.0cm
1歳6ヶ月 72.5cm -2.9
1歳8ヶ月 76.5cm -2.0
2歳0ヶ月 79.0cm -2.1
2歳6ヶ月 82.3cm -2.3
2歳9ヶ月 84.8cm -2.0
3歳0ヶ月 87.0cm -1.8
3歳6ヶ月 91.0cm -1.6
3歳7ヶ月 91.4cm -1.6
3歳8ヶ月 91.9cm -1.6
4歳0ヶ月 94.1cm -1.6
4歳2ヶ月 95.0cm -1.5

SD値を見ると、1歳6ヶ月~1歳8ヶ月の間の数値だけが急激な伸び(-2.9から-2.0)を見せています。

その後2歳後半から、少しずつSD値が改善してきたように見えます。3歳を過ぎた頃からSD値が-1.8になり、現在は-1.5になりました。

SD値が-2.5より良くて、身長も右肩あがりで伸びているので、とりあえず今のところは心配なさそうです。

身長を伸ばすためにやったことと言えば、牛乳を飲むことぐらいです。朝昼晩の食事のときには、牛乳を出していました。息子も牛乳が好きでよく飲んでくれました。

牛乳が身長の伸びと関係があるのか一概には言えませんが、ご参考まで。


4歳3ヶ月の息子、現在の靴のサイズは15.0cm、服のサイズは100cmです。幼稚園では一番小さいですが、いつも元気いっぱいに遊んでいます。言葉・運動能力の発達遅れはとくにありません。1歳半で72.5cmだった子も、これだけ成長しました。


息子が1歳半当時、暗い気持ちを抱えながら検索すると、「低身長だと大きな病気が隠れているかもしれない」などの不安をあおる記事しか出てきませんでした。検索するたびに、落ち込んでいました。

当時は「低身長の子でも、こういうふうに成長した」というポジティブな記事がなかったんですよね。だから本記事が、不安にかられているお母さんたちの一つの安心材料になったらいいなと思います。

もちろん、今後定期健診ごとに観察は必要になります。私も身体測定があるたびに、身長の伸びを必ず確認しています。でも不安になりすぎるのは、自分の経験上よくないです。なぜなら、身長は数値の改善がみられるまで時間がかかるからです。

たとえば風邪が治るときは、咳が減り、鼻水が減り……と、数日で目に見える結果が現れます。でも身長はすぐに伸びるわけではありません。だから短いスパンで自宅で身長を測っては落ち込む、なんていうことをしないようにしてくださいね(←私の経験談)。そしてどうしても不安なときや、身長の伸びが止まったときは、一人で悩まず病院の先生に相談してみてください。

みんながすくすくと育っていきますように。