君の手を離す日

いつかくるその日まで、子育てを頑張って楽しむブログ。

年少、初めての運動会

f:id:lily03:20181010125618j:plain

運動会の前日、息子がこんなことを言ってきました。

息子「あのねー、お帰りのときに先生がね、『運動会の日は忘れずにハンカチ持ってきてね、ってお母さんに伝えて』って言ってた」

私「ハンカチ? うん、わかった持っていくよ」

息子「きっとお母さんは泣いちゃうだろうからって」

そういう理由?!
思わず笑ってしまいました。先生~!


運動会で頑張っている息子を見て、親の私が泣くのかどうか、というのは自分でも予想がつきませんでした。なにせ初めての運動会なので。

それで実際に体験してみたら、こんな感じでした。

おゆうぎ:踊る年少さんたちがかわいすぎてかわいすぎて、もだえた
徒競走:年少さんたちが走る距離は短いので一瞬で終わった
親子参加競技:直前で「パパいや、ママがいい」と言い出さないか、ハラハラしながら見つめていた

振り返ると、泣くひまはなかったように思います(笑)


とくにおゆうぎが本当にかわいくて。小さい体で一生懸命ジャンプしたり、短い腕を一生懸命空に伸ばしたり、両隣の子と手をつないでぶんぶん振ったりしている様子を見たら、もうもう! 親ばかここに極まれり。

でも、こんな私でもウルウルしちゃったものがあります。それは、年長さんの団体競技。一糸乱れぬチームワークで、みんな輝いていました。毎日どれだけ練習したんだろうと思うと、もう涙腺がゆるんで。。。年長さんに知り合いは一人もいないのに、みんなが頑張る姿がかっこよくて、美しくて、泣いてしまいました。先生の伝言通り、ハンカチを持って行って良かったです。

息子が年長でこの競技をやっている姿を見たら、涙でビデオの画面が見えなくなるかも(笑) 



運動会のお弁当も作りましたよ。

f:id:lily03:20181010113217j:plain

おにぎりを包んでいるのはダイソーで買ったおにぎりフィルムです。上半分が開くので、手を汚さずに食べられて便利でした。


大きな行事がひとつ終わって、ほっとしています。
母親と離れたくなくて泣いていた頃と比べると、息子はずいぶん成長しました。
楽しそうに運動会に参加している様子を見られてよかったです!